東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > 美術一覧 > ベルギー奇想の系譜展 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ベルギー奇想の系譜展】

「ベルギー奇想の系譜」展 久子さま鑑賞

「ベルギー奇想の系譜」展を鑑賞される高円宮妃久子さま=東京都渋谷区で

写真

 東京都渋谷区のBunkamuraザ・ミュージアムで18日、「ベルギー奇想の系譜」(東京新聞など主催)の内覧会が開かれ、高円宮(たかまどのみや)妃久子さまが訪れられた。

 久子さまは、水野和伸中日新聞東京本社代表らの出迎えを受け、ベルギーと周辺地域を代表する総勢30人の作家による約120点が展示された館内へ。日本初公開で、異界巡りの説話を描いたヒエロニムス・ボス工房の作品「トゥヌグダルスの幻視」前では、「これは有名ですね」と足を止め、「建物が燃えている部分の意味は」などと宮澤政男・上席学芸員に質問。「地獄の光景です」との説明にうなずきながら、熱心に見入っていた。

 同展は9月24日まで。8月22日は休館。

 

この記事を印刷する