東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > 美術一覧 > ベルギー奇想の系譜展 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ベルギー奇想の系譜展】

速水奨さんが音声ガイド

音声ガイドのナレーションを担当する速水奨さん=東京都渋谷区で(C)Yuya Furukawa

写真

 「ベルギー奇想の系譜」がBunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)で開催されている。

 15世紀の画家ボスからマグリット、現代のヤン・ファーブルまで約500年にわたり、ベルギーで生まれた皮肉、ユーモア溢(あふ)れる作品約120点を展示し、奇想・幻想世界を紹介する。

 音声ガイドは、現在の声優ブームの立役者の一人である速水奨さんが全編ナレーションを担当。なぜ、この地でこれほど「奇想」とも呼べる作品が生まれたのかを、妖しく、深みのある声で解説している。

 9月24日まで。入館料は一般1500円、高大生1000円、小中生700円。音声ガイド520円。8月22日は休館。問い合わせはハローダイヤル=(電)03(5777)8600=へ。

 

この記事を印刷する