東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > 美術一覧 > 至上の印象派展 ビュールレ・コレクション > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【至上の印象派展 ビュールレ・コレクション】

クリアファイルなどオリジナル商品人気

写真

 港区六本木の国立新美術館で開催中の「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」(東京新聞など主催)では、会場のグッズ売り場も連日にぎわいを見せている。中でも会場でしか購入できない、華やかな絵柄入りのオリジナルグッズが人気だ。

 注目のA4クリアファイルは十種類。好きな作品を選ぶ来場者アンケートでも人気があった、モネの「ヴェトゥイユ近郊のヒナゲシ畑」、コローの「読書する少女」、アントーニオ・カナール(カナレット)の「サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂、ヴェネツィア」が新たに追加されて販売されている。

 本展は五月七日まで開催。毎週火曜日は休館(ただし五月一日は除く)。問い合わせは=電03(5777)8600(ハローダイヤル)=へ。

 

この記事を印刷する