学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 関東大会予選 > 群馬 > 記事

ここから本文

【群馬県大会】

三郷小、初出場で初栄冠 エース左腕・伊藤君が投打で貢献

 群馬県予選(県野球連盟主催、東京中日スポーツ・東京新聞後援)は5月4日、前橋市の上毛新聞敷島球場で決勝などを行い、三郷小イーグルス(伊勢崎)がリトル大胡スターズ(前橋)を破り初出場で優勝する快挙を達成し、全国切符を獲得した。大胡は8月の東京新聞カップ第41回関東大会に県代表として出場する。3位は吉岡ジュニアファイターズ(渋川・北群馬)、生品リトルチャンピオンズ(太田)が4位だった。 (都丸満)

初出場初優勝の快挙を達成した三郷小イーグルスの選手ら(都丸満撮影)

写真

 エース左腕・伊藤幹君が最速106キロの直球で凡打の山を築き、攻撃でも長打7本を含む10安打で11得点を奪った三郷小イーグルスが、5回コールドで初優勝を飾った。

凡打の山を築き1失点に抑える好投を披露した伊藤君

写真

 1回裏に先制を許すも直後に追いつき、3回2死三塁の場面で4番・根岸幸輝君。「三振はしたくなかった」と5連続ファウルで粘りに粘った末に四球でつなぐと、続く阿久津真吾君が2点二塁打を放ち勝ち越すなどこの回4得点、さらに4回に3点、5回にも伊藤君の今大会5本目となる本塁打などで4点を奪い突き放した。

 投げては、前日の準決勝で、「荒れてしまった」という伊藤君。「今日は低めの制球を意識しまた」と打たせて取る丁寧な投球で5安打1四球2三振で1失点の好投を披露。バックもそれに応え無失策で2回以降はホームを守り切り悲願を達成した。

1−1で迎えた3回表、阿久津君が中越え勝ち越しタイムリーを放った

写真

 昨年9月、三郷小学校にあった創部40年近い2チームが統合。その新生が4月の選抜大会では県8強を記録した。「勝ち進むに連れ仲間意識が上がってきて、打撃でも守備でも(手応えを)感じた」と押尾英一監督。県大会2回目の挑戦で、「ここまでやってくれるとは。伸び伸びと戦っている姿が見られてよかったです」と目頭を熱くした。

 渡辺陸斗主将は「(統合当初は)自信が無かった。長打とか、打てるようになって積極的に打てるようになった。皆が一丸となって優勝できてとてもうれしいです」。先発し好投した伊藤君は「(球速は)気にしていなかった。思いっ切り投げられました」と笑顔で話し、「球数を少なくし、今日みたいな投球をし決勝に行きたい」と大舞台での目標を掲げ、押尾監督は「力は及ばないと思うけど、打撃ができれば善戦できるかな」。開幕まであと3カ月、もう一皮むけた選手の活躍に期待を寄せた。

マウンドに駆け寄りエース伊藤君(右)と抱き合って喜んだ捕手の女屋君(左)

写真

<優勝メンバー>(10)渡辺陸斗(1)伊藤幹(2)女屋光平(3)根岸幸輝(4)清村優茉(5)福本真也(6)吉岡慈准(7)今井永太(8)高橋洸大(9)阿久津真吾(12)関口黎(13)五十嵐優羽(14)矢内優人(15)生方涼(16)橋本宜樹(17)関田慎太郎(18)大沢海翔(19)関琥太郎(21)古関心温

◆リトル大胡、30年ぶり県大会準優勝

準優勝のリトル大胡スターズの選手ら

写真

 リトル大胡スターズがチーム最高位タイの準優勝で大会を終えた。

 今年は拮抗(きっこう)しているという前橋支部。昨秋の新人戦、4月の選抜大会、そして今大会と支部代表の顔触れが変わる中、新人戦に続き2回目の県大会に挑んだ。

 決勝の1回裏、4番・生田凌健君の適時打で先制。前日には、父親らが打撃投手となり速球対策をしたが、2回以降は出塁しても、相手投手の好投に打ち切ることができず、ホームを踏むことができなかった。

 準決勝までは投打がかみ合い勝ち上がってきた大胡。決勝では、「いつもやっている事を相手にやられてしまった」と君塚裕監督。それでも、1988年の選抜大会以来30年ぶりの県準優勝を果たし、「逆転されても心が折れていなかった。ただ相手投手がよかった。(目標に向かって)選手たちは頑張った」とたたえた指揮官。上田飛空主将は「準優勝はうれしいけど、流れをつかみきれず、いつも通りに力が出せなかった」と振り返り、「関東大会ではそういう所を直して頑張りたい」と関東大会を見据えた。

<準優勝メンバー>(10)上田飛空(0)本田悠友(1)滝沢遼介(2)生田凌健(3)中村幸祐(4)坂部羽矩(5)大井嘉人(6)高橋日和(7)木崎琥太(8)和田惇平(9)江原啓剛(11)室橋晄希(12)飯島涼月(13)河村啓太(14)佐野結愛(15)三浦大翔(16)瀬谷颯木(18)吉田楓(19)小林歩暖(22)中村嘉歩

 ▽決勝

三郷小イーグルス

01433|11

10000|1

リトル大胡スターズ

 (5回コールド)

(三)伊藤幹−女屋光平

(リ)高橋日和、滝沢遼介、上田飛空−生田凌健

本塁打 伊藤(三)

 ▽2回戦

中野東小野球クラブ(邑楽)4−1笠懸東小イースターズ(みどり)

リトル大胡スターズ(前橋)8−2嬬恋ウイングス(吾妻)

生品リトルチャンピオンズ(太田)9−3赤石スカイスターズ(伊勢崎)

沢野メッツ(太田)7−1北部ビクトリーズ(高崎)

吉岡ジュニアファイターズ(渋川・北群馬)2−1リトル宝雄(太田)

桂萱サンダース(前橋)4−3女屋ヤンガース(前橋)

新町イーグレット(高崎)12−3鬼石ツインズ(藤岡)

三郷小イーグルス(伊勢崎)4−1原市イースト(安中)

 ▽3回戦

リトル大胡スターズ5−1中野東小野球クラブ

生品リトルチャンピオンズ11−4沢野メッツ

吉岡ジュニアファイターズ8−1桂萱サンダース

三郷小イーグルス8−0新町イーグレット

 ▽準決勝

リトル大胡スターズ8−1生品リトルチャンピオンズ

三郷小イーグルス12−7吉岡ジュニアファイターズ

 ▽3位決定戦

吉岡ジュニアファイターズ4−3生品リトルチャンピオンズ

(東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する

PR情報