学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 関東大会 > 記事

ここから本文

【関東大会】

[総合]高島エイト初戦突破 関東学童野球 都内で開幕

3回、走者一掃のランニング本塁打を放ちナインに迎えられる高島エイトの藤森選手(右)=29日、東京都世田谷区で

写真

 学童野球の関東王者を決める「東京新聞カップ・第四十回関東学童軟式野球大会」(関東軟式野球連盟連合会、東京新聞・東京中日スポーツ主催)が二十九日、東京都世田谷区の都営駒沢球場で開幕した。山梨を含む関東一都七県の代表チームが出場。この日は地元・東京代表の高島エイトなどが勝ち上がった。

 薮塚ドリームズ(群馬)と豊郷中央クラブ(栃木)の第四試合は薮塚・柳仁成(じんせい)投手と豊郷中央・中山湧水(ゆうすい)主将による投手戦となったが、三番・柳選手の左越え本塁打で先制点を奪った薮塚が六回にも二点を奪って接戦を制した。

 三十日には準決勝と決勝が同球場で行われる。

 ▽1回戦

戸塚アイアンボンドス(神奈川)11−0前河原ジュニアーズ(茨城)

高島エイト(東京)7−2春日部少年野球(埼玉)

千葉市原マリーンズ9−6勝山(山梨)

薮塚ドリームズ(群馬)3−0豊郷中央クラブ(栃木)

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by