学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 関東大会 > 記事

ここから本文

【関東大会】

[東京]高島エイト、鮮やか逆転で初戦突破

高島エイト−春日部少年野球 3回表高島エイト無死満塁、右中間へランニング本塁打を放ち笑顔でナインに迎えられる藤森選手(中)=都営駒沢球場で

写真

 「東京新聞カップ・第四十回関東学童軟式野球大会」(関東軟式野球連盟連合会、東京新聞・東京中日スポーツ主催)で都代表の高島エイトは二十九日、世田谷区の都営駒沢球場で1回戦に臨み、7−2で春日部少年野球(埼玉)を下して準決勝に進んだ。

 高島は二回裏に先制を許すも三回表、無死満塁で藤森晴久選手が本塁打を放ち、逆転に成功。五回には杉山寛虎(かんご)選手に本塁打が出て試合を決定付けた。

 藤森選手は「後ろにいいバッターがいるので、自分はつなげようという気持ちだった」と殊勲の一打を興奮気味に振り返った。四回にも2死一、三塁から左翼線に適時打を放つなど活躍。藤井誠一監督は「下位打線がつくったチャンスをしっかり決める、うちらしい勝ち方ができた」と大会初勝利を喜んだ。

 ▽1回戦

高島エイト

004120|7

010001|2

春日部少年野球

(高)山崎、川野邉、藤森−海老原

(春)岩城、村上−堀口

本塁打 藤森、杉山(高)▽二塁打 小林(春)

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by