学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 関東大会 > 記事

ここから本文

【関東大会】

[総合]「被災の仲間 忘れずプレー」 関東学童野球、都内で開幕

開始式で、選手宣誓する山野レッドイーグルスAの小薗卓也主将=4日午前8時51分、東京都稲城市の稲城中央公園野球場で(池田まみ撮影)

写真

 東京新聞カップ・第四十一回関東学童軟式野球大会(関東軟式野球連盟連合会、東京新聞・東京中日スポーツ主催)が四日、東京都稲城市の稲城中央公園野球場で開幕した。

 関東一都六県と山梨県の代表計八チームが、関東王者の座をかけてトーナメントで対戦する。開始式で、東京都代表「山野レッドイーグルスA」の小薗卓也主将(六年)は「西日本豪雨で苦しんでいる仲間がいることを忘れずに、最後まで全力でプレーすることを誓います」と選手宣誓。都軟式野球連盟の小川友一副会長が「日頃の練習の成果を発揮し、関東一を目指して」と激励した。

 この日は一回戦四試合がある。準決勝、決勝は五日に同球場で行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報