学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 関東大会 > 記事

ここから本文

【関東大会】

[東京]山野レッド惜敗 小薗主将「相手に粘られた」

5回裏、暴投の間に生還する山野レッドイーグルスの橋本選手=稲城市で

写真

 「東京新聞カップ・関東学童軟式野球大会」(関東軟式野球連盟連合会、東京新聞・東京中日スポーツ主催)で、都代表の山野レッドイーグルスA(世田谷区)は、茨城県代表の谷田部ジュニアスターズに3−6で敗れた。

 山野は一回表に1点を先制されたが、その裏に浅野佑亮選手(六年)の適時打ですかさず追いついた。その後2点を失ったが、五回、1死三塁から橋本尋選手(五年)がレフト線に痛烈な三塁打を放ち、1点差に。さらに相手のバッテリーミスで1点を追加し、再び同点とした。しかし六回に勝ち越しを許すと、七回にも2点を失い、準決勝進出はならなかった。

 小薗卓也主将(六年)は「初回、点を取られた後に、みんなでしっかり1点を返せたのは良かったけど、その後に相手に点を取られ、粘られてしまった」と悔しがった。小森俊臣監督(62)は「最終的には守り負けでしょうか。いい投手に何とか粘って追いついたんですけど、エラーが出てしまった。でも、それ以上に相手のピッチャーが良かった」と振り返った。 (宮崎美紀子)

 ▽1回戦

谷田部ジュニアスターズ 1101012|6

山野レッドイーグルスA 1000200|3

(谷)内山田−石山

(山)浅野、橋本、岡本−野村、小薗

▽三塁打 橋本(山)▽二塁打 内山田(谷)小薗(山)

 

この記事を印刷する

PR情報