学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 関東大会予選 > 栃木 > 記事

ここから本文

【栃木県大会】

全国大会切符かけ 32チーム熱戦開幕

選手宣誓する簗瀬スポーツの矢野煌明主将=宇都宮市で

写真

 高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球大会県予選大会(東京新聞、東京中日スポーツ後援)が十二日、開幕した。午前八時半から県総合運動公園野球場(宇都宮市)で開会式があり、県内三十二チームの選手らがはつらつと行進した。代表して、簗瀬スポーツ(同市)の矢野煌明(こうめい)主将が「最後のアウトがコールされるまで、全力でプレーすることを誓います」と元気いっぱいに宣誓した。

 県予選大会は三十二チームがトーナメント戦で争う。十二日は1回戦十六試合があり、十三日は2回戦八試合を行う。十九日は3回戦(準々決勝)、二十日は準決勝。決勝は二十六日に駒生球場(同市)で。

 優勝チームは全国大会に、準優勝チームは関東大会にそれぞれ県代表として出場する。両大会はともに八月、東京都内で開催する。

     ◇

 十二、十三日の試合結果は十五日に掲載します。 (北浜修)

 

この記事を印刷する

PR情報