学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 関東大会予選 > 栃木 > 記事

ここから本文

【栃木県大会】

安塚、悲願 “軽量打線”武器につかんだ

優勝し、全国大会出場を決めた安塚クラブ

写真

 栃木県予選(県野球連盟主催)が5月26日、宇都宮市の駒生公園野球場で行われ、安塚クラブ(壬生)が西方スポーツ(栃木)を破り、大会初優勝を果たした。安塚は8月に東京・神宮球場などで行われる全国大会に、西方は8月に東京都稲城市の稲城中央運動公園野球場で行われる東京新聞カップ・関東学童大会にそれぞれ出場する。 (鈴木秀樹)

◆伊藤君決勝弾

 “重量打線”ならぬ“軽量打線”の勝利。最大の武器を存分に活用した安塚が、うれしい優勝で全国切符を手にした。

 まさに逆転の発想。「バントが一番うまい荒川(飛優真君)を4番に置いている」と荒川真一監督が話す安塚は初回、2番・小林大輝君と3番・瓦井瑠夏君の連打で1死一、三塁の好機を得ると、その荒川飛君が見事にスクイズを決めて先制。2回に追いつかれ、中盤は試合が硬直したが、安塚は5回に1番・大島広明君のセーフティースクイズで1点を勝ち越すと、さらに2死二塁から、小林君がセーフティーバント警戒の三塁手の頭をふわりと越える適時打を放って1点を加えた。

 6回には伊藤來煌君が西方を突き放す左越え3ラン。最終7回にも佐々木遼主将の2点打に続き、増茂和輝君が大きなバウンドで相手左翼手の頭を越える2ランを放つなど、5点を加えて大差で試合を決めた。

 「どんな形でも、とにかく1点を奪う。それを重ねる。うちらしい戦いができたと思います。よく頑張った」と荒川監督が選手らをねぎらった。2回からのロングリリーフで好投した佐々木主将は「冬場にみんなたくさん走り込みをして、バットも振ってきました。その成果が出ました」と喜び、「全国大会でも、みんなで安塚の野球をします」。試合を決める本塁打を放った伊藤君は「あの打席はバントを失敗して…。なんとか打ちたくて高めをたたいたら、レフトの頭を越えてくれました」とニコニコだった。

 真夏の神宮へ。荒川監督は「平日練習をずっと見てくれた阿部重雄コーチをはじめ、父母の協力あってこその成績。全国大会でも、うちらしく元気に戦えたらと思います」と話していた。

6回表、3ラン本塁打のホームに滑り込みガッツポーズする伊藤君(右)

写真

2回からマウンドに上がり、好投した佐々木主将

写真

◆西方、胸張れる準V! 悔しさ関東大会にぶつける!!

準優勝で東京新聞カップ関東大会出場を決めた西方スポーツ(いずれも鈴木秀樹撮影)

写真

 西方スポーツは1点を追う2回、羽石大翔君の左越え本塁打で追いつき、2点を勝ち越された5回にも染谷恒成君の安打から好機を作り1点を返すなど安塚を猛追も、逆転できないまま6、7回の大量失点で力尽きた。

 安塚は普段から交流のある友好チームで、以前の対戦では勝利している。「3点目までは計算のうちでした。(6回の)伊藤君の3ランですね。あれで決まってしまった」と佐藤英樹監督。「相手の攻撃は分かっているつもりでしたが…」と天を仰いだ。

 それでも胸を張れる準優勝。関東学童大会の代表権を手にし、佐藤監督は「栃木代表の力を見せられるよう、全力で戦うだけですね」。田口皐月主将は「きょうの悔しさを忘れず、関東大会もみんなで戦います」と前を向いた。

 ▽決勝

安塚クラブ

1000235|11

0100101|3

西方スポーツ

(安)瓦井瑠夏、佐々木遼−荒川飛優真

(西)田口皐月、染谷恒成−佐藤悠晟

本塁打羽石大翔(西)、伊藤來煌、増茂和輝(安)

 (東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する

PR情報