学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 東京都知事杯・女子 > 記事

ここから本文

【東京都知事杯・女子】

豊島8強!!高野さん投打でけん引

この日4打数4安打1本塁打。投打でチームを引っ張る豊島ファイヤーズ・高野小晴さん=東京都世田谷区の駒沢オリンピック公園軟式野球場で(鈴木秀樹撮影)

写真

 東京都知事杯第6回都女子学童軟式野球大会エリエールトーナメント(都軟式野球連盟、東京中日スポーツ・東京新聞主催)は18日・駒沢オリンピック公園軟式野球場で2回戦4試合を行った。2面で8試合を行う予定だったが、各面3試合目に強い降雨。2試合がサスペンデッドゲームとなり、2試合が中止に。4試合は24日に同野球場で行われる。 (鈴木秀樹)

 豊島ファイヤーズ(豊島)がオール東村山(東村山)を下して8強入りを果たした。

 普段、所属する大塚スネイクスで主将を務める、エースで3番の高野小晴さんが力投に加えて4打数4安打と、投打でチームをけん引。1点ビハインドの5回表に、高野さんが自ら同点に追いつく本塁打を放って流れを引き寄せると、6回に1番・今泉彩希さんの2点二塁打、7回にも齋藤望実さんの2点二塁打などで加点し、東村山の追撃を振り切った。

 「リードされて“ヤバいな”と思ったけど、コントロールに気をつけて丁寧に投げました」と高野さん。捕手未経験ながら大会でマスクを被り、高野さんと息の合ったバッテリーでチームを引っ張る兵藤海帆主将は「明るい子が多くて楽しいチーム。打撃がいいので、しっかり打って勝ちます」と元気に話していた。

◆オール板橋女子 強豪足立を撃破

 オール板橋女子(板橋)が過去に優勝1回、準優勝2回の強豪・足立フェアリー(足立)を破り、準々決勝にコマを進めた。

 1回表に大武結奈主将の内野安打、平井菜々子さんの安打などで1死満塁とし、内川椋日さんの走者一掃三塁打で3点を先制すると、平良優結さんにも2点二塁打が飛び出し5得点。2回にも河崎琳子さんの適時打などで2点を加えてガッチリと主導権をつかみ、武藤萌夏投手が力投で足立打線を5安打3点に抑えた。

 「ストライク先行に気をつけて、低めに投げられました」と武藤さん。大武主将は「打線が調子良くて、うまく攻撃できています。次も勝って、優勝を目指します!」と力強く話した。

降雨中断中、ベンチで状況を見つめるオール調布ベリーズの選手ら=東京都世田谷区の駒沢オリンピック公園軟式野球場で(鈴木秀樹撮影)

写真

◆降雨で2試合が特別継続試合に

 この日、各面第3試合の途中で降り出した雨がやまずに、進行中の2試合が特別継続試合として延期になった。

 1回戦で福生フラワーズ(福生)に劇的逆転サヨナラ勝ちしたオール調布ベリーズ(調布)はこの日、オール江東女子(江東)と対戦。初回に中畑蘭さん、森畑弥咲さんの安打などで2点を先取すると、2回にも2点、3回には高橋美和さん、森畑さんの連続適時打に続き藤井優奈さんがスクイズを決め、さらに伊藤ひなたさん、星彩音さん、竹下葵生主将の安打などで6点を加えた。

 しかしその裏、突如激しさを増した雨が先発・星さんの制球を乱し、2死からの連続四球で押し出しの4失点。ここで一時中止の判断が下された。ベンチに戻った調布ナインは雨空を見上げながら、祈るようなしぐさも。試合は24日、3回裏2死満塁、10−7の場面から再開される。

 ▽2回戦

江戸川エンジェルズ(江戸川)9−2オール府中女子(府中)

オール葛飾(葛飾)14−3大田フェアリーズ(大田)

豊島ファイヤーズ(豊島)8−4オール東村山(東村山)

オール板橋女子(板橋)9−3足立フェアリー(板橋)

(東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する

PR情報