学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 関東大会予選 > 山梨 > 記事

ここから本文

【山梨県大会】

新人戦王者の貫禄!コールドで決めた!! SNS、全国初切符

初優勝を飾ったSNSベースボールクラブ

写真

◇山梨県予選

 全日本学童軟式野球大会と第40回関東学童軟式野球大会東京新聞カップ(東京中日スポーツ・東京新聞など主催)への出場チームを決める山梨県予選大会(同県野球連盟主催、本社後援)は3日、甲府市の緑ヶ丘スポーツ公園野球場で決勝が行われ、SNSベースボールクラブ(大月)が勝山スポーツ少年団野球部(南都留)を退け初優勝を飾った。SNSは全日本大会(8月・東京)に、勝山は関東大会(7月・東京)に、それぞれ県代表として出場する。 (都丸満)

◆“一戦決勝”

 昨秋の新人戦王者・SNSが、明暗を分けた一戦を制し創部5年目で全国大会初出場を決めた。

 1回裏、四球で出塁した西室健太君が網野雄太君の内野安打で先制ホーム。2回には小池志弥君のタイムリーで計2点。3回表には、この日唯一の四球から1死満塁となったピンチを乗り切ると、裏の攻撃で2点を追加。「初戦から厳しい戦いが続いた」(相馬一平監督)が“一戦決勝”で勝ち進んだSNS。好機に機動力を生かし、しっかり得点に結びつけ流れをつかんだ。

 投げては、先発・塩澤駿平主将が4、5回を6人でピシャリと抑えるなど好投。6回には2死から連打を浴びたものの、6イニングを4安打ゼロ封で6−0。

 迎えた6回裏。四球を選び出塁した長谷部慶君の代走で志村來威君が一塁に立ち直後に二盗。「本当は気持ち良く打たせてやりたいけど、勝ちに拘った」と相馬一平監督。7番・伊藤琉空君がキッチリ送り1死三塁。最後は小池志君の3ゴロの間に、志村來君がサヨナラコールドのホームに滑り込み、再び県トップに登り詰めた。

 好投した塩澤主将は「四球が少なかった。0点で抑えれば絶対に点を取ってくれると思っていた」と語り、4安打ながら足を使い「積極的なプレーができ、チャンスで点が取れた」と胸を張った。相馬監督は「初戦から厳しい戦いが続いた。(全国では)打力と、もう少しチャンスを作り“一戦決勝”で負けない野球を」と意気込み、塩澤主将は「個人の技術をもっと上げ、チームプレーで次につなげる野球がしたい」と大舞台での目標を語った。

優勝メンバー (30)相馬一平監督(10)塩澤駿平主将(0)小池礼恩(1)西室健太(2)君田羚人(3)池川太陽(4)坂本塁(5)網野雄太(6)小高優人(7)坂本貴俊(8)伊藤琉空(9)小林優太(11)志村駿磨(12)小高温人(13)斧田翔(14)小俣脩冴(18)小池志弥(19)長谷部慶(22)志村斗羽(55)志村來威(77)小俣京也

6回裏、投ゴロの間に決勝のホームに滑り込む代走の三走・志村來君(手前左)を見守るSNSのベンチ

写真

先発し好投した塩澤主将

写真

◆勝山初出場で堂々銀メダル

勝山は県大会初出場ながら決勝まで上り詰めたが…

写真

 創部30年以上の勝山。支部大会から今大会の準決勝まで、1、2点差の緊迫した試合を制し目標の県大会初出場を大きく超える決勝へ進出した。

 しかし、決勝は新人戦王者のSNS。「胸を借りるつもりで戦ったけど強かった。守備範囲が良かったですね」と渡辺真一監督が振り返ったように、外野への打球13のうち安打は3。「1本でも出ていれば流れが変わっていたかも」。3回は満塁、6回には朝比奈隆太君、杉崎楓花さんの連打で1、3塁の好機を作ったが、相手右腕と堅守に阻まれ無得点に終わった。

 古屋泰暉主将は「投手が頑張っているのに助けられなかった。悪い試合だったけど全力を出し切れたと思う」とすがすがしく語り、「関東大会では投手を支えられるように頑張りたい」と誓った。

準優勝メンバー (30)渡辺真一監督(10)古屋泰暉主将(1)朝比奈隆太(2)渡辺莉玖(3)杉崎楓花(4)篠田和武(5)吉本和貴(6)杉崎花音(7)倉澤伸太郎(8)渡辺竣(9)堀内大(11)鈴木颯次朗(12)渡辺瑛太(13)三浦和眞(14)渡辺光眸(15)倉澤昂祐(16)久保翔太郎(17)堤ななこ(18)落合智哉(19)渡辺愛音(20)在原匠輝

甲府市の緑が丘スポーツ公園野球場で、5月27日に行われた開会式で御坂の五味秀太主将が「チームの仲間と全力を尽くして戦うことを誓います」と力強く宣言した(多田行夫撮影)

写真

 ▽決勝

勝 山 000000 |0

SNS 112021x|7

 (6回コールド)

(勝)朝比奈隆太−渡辺莉玖

(S)塩澤駿平−君田羚人

 ▽1回戦

小明見・向原少年野球4−3玉緒

甲西7−0後屋敷

御坂6−0池田

大月クラブ11−0春日居

南部Jr.ベースボールクラブ9−2甲斐駒H・M

谷一少年野球クラブ9−3北星

東桂3−0羽黒つばさ

泉ファイターズ17−2玉穂

玉幡8−7市川

ラウンダース8−5千塚

SNS7−2韮崎甘利

忍野8−7上暮地

 ▽2回戦

小明見・向原少年野球12−4上野原ゼルコウバ

甲西4−2御坂

南部Jr.ベースボールクラブ9−3大月クラブ

勝山3−2谷一少年野球クラブ

東桂4−3小笠原ジャガーズ

泉ファイターズ14−3玉幡

SNS7−1ラウンダース

忍野10−2勝沼

 ▽準々決勝

小明見・向原少年野球8−1甲西

勝山7−5南部Jr.ベースボールクラブ

泉ファイターズ5−4東桂

SNS4−2忍野

 ▽準決勝

勝山9−8小明見・向原少年野球

SNS3−0泉ファイターズ

(東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by