学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[総合]熱い夏、一投一打 全力で 全日本学童軟式野球開幕

全日本学童軟式野球の開会式で選手宣誓する長野県代表・松本ライオンズの丸山隆人主将(左)=10日、神宮球場で

写真

 高円宮賜杯第三十七回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催、東京中日スポーツなど後援)の開会式が十日、東京・神宮球場であった。四十七都道府県の五十一チームが、十一日から十六日まで熱戦を繰り広げる。

 前回優勝の長曽根ストロングス(大阪)を先頭に、選手約千人が行進。大会名誉総裁の高円宮妃久子さまが「明るく、元気に、正々堂々と、チームワーク良くすばらしい戦いを披露してください」とあいさつされた。松本ライオンズ(長野)の丸山隆人主将が「仲間たちと全員野球で、ゲームセットの一投一打まで全力で戦い、最高の夏にすることを誓います」と力強く選手宣誓した。

 始球式では、上空の本社ヘリからボールを落とす趣向で、スタンドを沸かせた。U−12日本代表の仁志敏久監督(元巨人)が、池雪ジュニアストロング(東京)の芳賀一輝捕手に向けて投げ込み、バッターボックスで構える長曽根ストロングスの林晃大主将が力強くスイングした。

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by