学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[神奈川]吉岡サプリングス 失点響き初戦で涙

初戦で敗退し、悔しそうな表情であいさつする吉岡サプリングスの選手たち=東京都世田谷区の都営駒沢球場で

写真

 高円宮賜杯第37回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)に県代表で出場している吉岡サプリングス(綾瀬市)は十一日、東京都世田谷区の駒沢公園硬式野球場で1回戦に挑み、常磐軟式野球スポーツ少年団(福島)に0−22で敗れた。

 初出場の吉岡は、初回からエースの松ケ野寛太君が制球に苦しみ、投手交代しても流れを変えられなかった。打線も相手の四球やエラーなどで出塁するが、本塁が遠かった。

 主将の小泉卓哉君は「緊張でいつものプレーができなかった。悔しい」と涙を流した。岩見照人監督は「序盤の大量失点が響き、皆が試合にのまれてしまった。ただ全国の舞台に出られて選手はよく頑張った。この悔しさを忘れず今後の野球人生に生かしてほしい」と話した。 (川田篤志)

 ▽1回戦

常磐軟式野球スポーツ少年団

4507033|22

0000000|0

吉岡サプリングス

(常)瀬谷、岡田−村田

(吉)松ケ野、水島、岡島−小泉

▽三塁打 門脇、岡田(常)▽二塁打 菅原、佐藤(常)

 

この記事を印刷する

PR情報