学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[総合]静岡・雄踏8強 曽布川博君、13Kだ

勝利を決め、叫びながら試合終了のあいさつに駆け寄る雄踏野球スポーツ少年団先発の曽布川博人君(左)=町田市小野路球場で(鈴木秀樹撮影)

写真

 高円宮賜杯第37回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催、東京中日スポーツ後援)は13日、神宮球場など都内の2会場で3回戦を行い、昨年優勝の長曽根ストロングス(大阪)、同3位の東16丁目フリッパーズ(北海道南)など大会8強が決まった。大会初出場の雄踏野球スポーツ少年団(静岡)はエース右腕・曽布川博人君の力投などで勝利。14日には同球場で準々決勝が行われる。

 最後の打者を三振で締め、マウンドの雄踏野球スポーツ少年団の先発・曽布川博人君が雄たけびを上げながら、試合終了のあいさつの列に並んだ。

 いくつかある会場の中で唯一、スピードガンが稼働している町田市小野路球場で、110キロ台中盤の速球を連発した。「連投の疲れでしょうね。キレは昨日までと比べ、いまひとつだった」と高橋健二監督はエースの投球を振り返るが、初戦9、2回戦12と増えてきた奪三振数は、終わってみればさらに増え、この試合は13。本格派右腕は「全国大会は相手も強くて、きょうもいい当たりを打たれてしまったけど、自分の投球が通用しているのがうれしい」と笑顔を見せた。

 攻撃でも初回、機動力の光るSNSベースボールクラブ(山梨)に先制を許したが、その裏、すぐさま栗田優太郎主将の適時打などで逆転。三回にも曽布川博君、栗田主将の連続適時打などで3点を加えSNSの猛追をしのぎきった。「1、2番でチャンスを作り、中軸もしっかりと打てている。うちの攻撃の形はできていると思います」と高橋監督も納得の表情だ。

 「初出場の全国で、まず一勝と思って戦ったが、ここまで来られるとは」と指揮官。「明日は再び、神宮(球場)で試合ができるので、選手全員で楽しんで試合をしてもらいたい」と“無欲の戦い”を強調した。高い打撃センスで兄・博人君とともに打線を引っ張る2番打者・曽布川ザイレン君は「緊張するけど、後ろにつなぐバッティングができています」と納得顔。左腕捕手の栗田主将は「自分たちの力は出せているので、次も全力で戦うだけです」と表情を引き締めていた。

 初出場の大舞台で、気負いなく快進撃を続ける雄踏ナイン。準々決勝の戦いにも注目だ。

試合後、応援席に向かいあいさつする雄踏野球スポーツ少年団ナイン

写真

◆茨城・茎崎 渋谷君は1安打完封!!

 茎崎ファイターズ(茨城)が十和田スリー☆スターズ(青森)に快勝した。

 エースの渋谷一興君が力強い直球をコースに投げ分け、被安打1の完封。渋谷君は「体が開かないよう意識して投げた。走り込んでいるから最後までスタミナも続いた」と満足げだった。打線は序盤、積極的な盗塁で得点圏に走者を送り込み、2点を挙げ、5回には二塁打を放った9番・尾花達哉君が3点目のホームを踏み試合を決めた。

 吉田祐司監督は「疲れていてバットが振れていないが、小技と走塁で点を取る自分たちの野球ができた。投手は完璧な内容だった。体力をしっかり回復させて明日に挑みたい」と話した。

十和田スリー☆スターズ戦に先発し1安打完封した茎崎ファイターズの渋谷君=神宮球場で(平野皓士朗撮影)

写真

◆群馬・大間々東小、V奪回の夢散る

 第19回大会以来の全国制覇を目指した大間々東小リトルジャイアンツ(群馬)だったが、ベスト16で力尽きた。

 「う〜ん。できれば勝たせてあげたかった…」と布川進監督は涙ながらに声を詰まらせた。

 2回、布川大翔君の内野ゴロの間に先制した大間々東小だったが、1−1で迎えた5回、犠飛で逆転を許すと、6回にも、内野ゴロの間に1点を失った。

 星野ひので主将は「チャンスでヒットは出なかったけれど、みんなが今まで一番いい当たりを打つことができました」と胸を張った。

2回表大間々東小が布川大翔君の遊ゴロで先制のホームイン、次打者高畑柊真君(左)とタッチする三走田口爽太君(右)=神宮球場で(平野皓士朗撮影)

写真

◆栃木・馬頭ラッキー、大量失点に沈む

 馬頭ラッキースポーツ少年団(栃木)は、8強入りを目指し3回戦に挑んだが、東16丁目フリッパーズに1−11で敗れた。

 0−1の3回表、長短打を浴びてさらに4失点。その後も相手の強力打線を止められなかった。エース伴渓樹君は「球威はあったが甘く入った」と悔やんだ。6回に豊田晃基君の二塁打で1点を返し意地を見せた。

 岡広翔主将は「3試合したが短く感じた。今後も野球を続けるので頑張りたい」と話した。小森浩二監督は「相手は隙が無かった。守りのチームなので大量失点は痛い。でも神宮まで連れてきてくれた選手、支えてくれた保護者に感謝しかない」と晴れやかだった。

試合後、整列して応援に感謝する馬頭ラッキーの選手たち=神宮球場で(山田雅之撮影)

写真

 ▽3回戦

 ○…神宮球場…○

鯖江野球スポーツ少年団(福井)

0000123|6

0100000|1

玖珂少年野球クラブ(山口)

(鯖)中村−平田

(玖)佐伯、山本浩、岡本−岡本、佐伯

十和田スリー☆スターズ(青森)

0000000|0

110010x|3

茎崎ファイターズ(茨城)

(十)泉、長谷地−宮本

(茎)渋谷−吉田慶

葛野ジュニアスポーツ団(京都)

0000000|0

000011x|2

中島サンダーズ(熊本)

(葛)八尾−平澤拓

(中)古川−西村尚

大間々東小リトルジャイアンツ(群馬)

0100000|1

000111x|3

北ナニワハヤテタイガース(兵庫)

(大)周東−布川大翔

(北)中村、寺田−高橋、倉内

東16丁目フリッパーズ(北海道南)

0140213|11

0000010|1

馬頭ラッキースポーツ少年団(栃木)

(東)長内、斉藤−佐々木涼

(馬)伴渓、齋藤航−岡

本塁打 佐々木涼(東)

 ○…小野路球場…○

長曽根ストロングス(大阪)

0602014|13

2000001|3

常磐軟式野球スポーツ少年団(福島)

 (長)林、松尾、林−松尾、林、松尾

(常)瀬谷、岡田−村田

SNSベースボールクラブ(山梨)

1003000|4

203000x|5

雄踏野球スポーツ少年団(静岡)

(S)塩澤、西室−君田

(雄)曽布川博−栗田

猪川野球クラブ(岩手)

0000010|1

200003x|5

美保少年野球クラブ(鳥取)

(猪)仁田−千葉爽

(美)西−荒川

(東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する

PR情報