学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[総合]茨城・茎崎は決勝逃し3位 きょう決勝戦 兵庫×北海道

準決勝で敗れ、肩を落とす吉田慶選手(左端)ら茎崎ファイターズナイン=15日、大田スタジアムで

写真

 高円宮賜杯第三十七回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催、東京中日スポーツなど後援)は十五日、東京都大田区の大田スタジアムで準決勝を行った。関東勢で唯一勝ち上がった茨城県代表の茎崎ファイターズは、東16丁目フリッパーズ(北海道南)に1−2で敗れ、初の決勝進出を逃した。十六日、大田スタジアムで決勝が行われる。

     ◇

 茎崎は二回、吉田慶剛主将の本塁打で先制したが四回に同点とされ、五回に一死三塁から野選で勝ち越された。

 吉田君は「本塁打は打った瞬間入ったと思いうれしかった。最後の攻撃の前はみんなに『楽しくやろう』と声を掛けた。大会を通じてチーム力が上がった」と振り返った。

 茎崎は第二十八回、三十一回大会に続いての三位。吉田祐司監督は「三度目の正直で臨んだが、この先を勝ち上がるのは厳しい。ここまでよく頑張った」と選手たちをねぎらった。 (神谷円香)

 ▽準決勝

長曽根ストロングス(大阪)

0000010|1

0000002x|2

北ナニワハヤテタイガース(兵庫)

(長)林−松尾

(北)寺田−倉内

▽二塁打 奥田2、田村(長)、原田(北)

茎崎ファイターズ(茨城)

0100000|1

000110x|2

東16丁目フリッパーズ(北海道南)

(茎)渋谷−吉田慶

(東)長内、斉藤−佐々木

本塁打 吉田慶(茎)▽二塁打 吉田大

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by