学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[群馬]三郷小イーグルス、宮崎代表に敗れる

三股ブルースカイに敗れ、スタンドにあいさつする三郷小イーグルスの選手たち=神宮球場で

写真

 高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)に県代表で出場した三郷小イーグルス(伊勢崎市)は二十日、東京・神宮球場で三股ブルースカイ(宮崎)との一回戦に臨んだが、4−7で敗れた。

 エース伊藤幹(もとき)投手(六年)が制球に苦しんだ。慣れないマウンドと大舞台の緊張から初回に2失点。二回に阿久津真吾投手(五年)に交代も流れを止められなかった。

 一方「いつもは一人が打てば、みんながつながる」と渡辺陸斗主将(六年)が言う打線は奮闘。五回に敵失を足掛かりに渡辺主将と女屋光平選手(同)の連打、根岸幸輝選手(同)の適時内野安打などで3点を返す意地を見せた。

 押尾英一監督(53)はナインをねぎらい「この経験をこれからの野球人生で生かしてほしい」と語った。渡辺主将は涙をぬぐい「後輩たちにはまた、ここに来て、優勝を目指してほしい」と話した。 (鈴木秀樹)

三郷小イーグルス(群馬)

1000300|4

222100x|7

三股ブルースカイ(宮崎)

(郷)伊藤、阿久津−女屋

(股)山下−田上

▽三塁打 渡辺(郷)▽二塁打 女屋(郷)

 

この記事を印刷する

PR情報