学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[愛知]北名古屋ドリームス 3回戦4−5で惜敗

写真

 高円宮賜杯第三十八回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(中日新聞東京本社など主催)に県代表として出場した北名古屋ドリームス(北名古屋市)=写真=は二十二日、東京都新宿区の神宮球場で挑んだ三回戦で、過去最多六度の優勝を誇る長曽根ストロングス(大阪)に4−5で惜敗、ベスト16で大会を終えた。

 北名古屋は初回に押し出しで1点を先制すると、二回には2死一、二塁から、西脇陸主将の中越え三塁打と徳重匡洸選手の左前適時打で3点を挙げ、突き放した。しかしその裏、柵越え本塁打などで3点を許し、1点差に詰め寄られると、三回には守備の乱れから逆転され、力尽きた。

 岡秀信監督は「選手たちは自然と声も出て、成長した大会になった」とねぎらった。この試合3安打の活躍をみせた西脇主将は「負けてしまったのは悔しいけれど、チームみんなで力を出し切ることができた」と話した。

 ▽三回戦

北名古屋ドリームス

1300000|4

032000x|5

長曽根ストロングス

(北)小林、徳重、吉田−西脇

(長)五十嵐、加藤、速水、五十嵐−岡田

本塁打 奥本(長)▽三塁打 西脇(北)▽二塁打 岡田、阿南、高坂(長)室伏(北)

(中日新聞)

 

この記事を印刷する

PR情報