学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[総合]根差部、接戦制し決勝へ 金城君が執念の決勝2点タイムリー

 神宮球場で準決勝が行われ、多賀少年野球クラブ(滋賀)と根差部ベースナイン(沖縄)が決勝進出を決めた。いずれも延長タイブレークにもつれる接戦で、多賀に敗れた長曽根ストロングス(大阪)と根差部に敗れた三股ブルースカイ(宮崎)が3位だった。

 24日には同球場で、多賀は12回目の出場で3度目、2度目出場の根差部は初めてのファイナルに臨む。

8回表2死二、三塁、中越えに2点打を放つ根差部ベースナイン・金城君

写真

 根差部ベースナインが8回タイブレークの末に勝利、6年生が仲本大悟主将、中里虎太朗君のわずか2人という5年生主体のチームが快進撃を続け決勝に駒を進めた。

 2点をリードしながらも、粘りを見せる三股ブルースカイに追いつかれた根差部だったが、無死満塁から始まるタイブレークに入っても勝利への執念を忘れることはなかった。

 8回表、無死満塁から阿波根裕君の内野ゴロの間に1点を加えると、2死二、三塁から金城塁君が中越えの2点タイムリーで試合を決めた。

 「絶対に決勝に進みたかったので、絶対に自分が打ってやろうと思いました」と金城君。高めの緩いボールを迷わず振り抜くと、きれいな放物線を描き中堅手の頭を越えた。

 「2、3点を奪えれば、何とかなるかなと思っていました。チャンスでよく打ってくれた」と金城敬監督が話す様に、指揮官の次男・塁君が勝負強さをみせると、その裏、三塁からショートのポジションに入った長嶺太翔君が好守をみせダブルプレーに打ち取るなど、三股の攻撃を1点に抑えた。

7回まで力投した中里君

写真

 8回からマウンドに上がり気迫のピッチングをみせた仲本主将は「少し緊張したけれど、しっかり両サイドのコースに投げ分けることができました」と快投に声を弾ませた。

 3年前の第35回大会では、ベスト8に終わった根差部。「相手は強いチームだけれど、自分たちの野球を貫いて優勝したい」と持ち前の機動力で悲願の日本一を目指す。

◆多賀 高田君、松井君の2発含む8得点

延長8回表、左柵越え3点本塁打を放つ高田君

写真

 過去2回準優勝の多賀少年野球クラブと、過去6度優勝・長曽根ストロングスの強豪対決。注目の一戦を制したのは、悲願の優勝を目指す多賀だった。

 2点を先取した多賀は3回にも松田大輝君の本塁打で1点を追加したが、勝利目前の7回に追い付かれ延長へ。無死満塁の延長タイブレーク8回、高田庵冬君、松井嘉希君に本塁打が飛び出し、8得点の猛攻で勝負を決めた。

2ランを放ち笑顔を見せる松井君

写真

 本塁打トリオの松田君は「ピッチャーが頑張っていたので打てて良かった」、高田君は「大事な場面で打てた。明日も打ちます」、松井君は「全国制覇して、いい気分で帰りたい」と喜んだ。

 自身3回目の決勝に臨む辻正人監督は「初出場のつもりで、もう一回引き締めて勝ちきりたい」と雪辱に燃えた。

◆大阪・長曽根ストロングス 7度目賜杯届かず

 長曽根ストロングスが2大会連続の3位入賞。2大会ぶりの優勝には届かなかったが、優勝候補の一角、多賀少年野球クラブを相手にタイブレークまでもつれる接戦を演じた。

 熊田耐樹監督は「早い回に1点でも取り返していれば、状況も変わっていたでしょうね。タイブレークで2本もホームランを打った相手が上だったということでしょう」と普段から交流があるというライバルをたたえた。高坂優真主将は「3点を追う最終回には、みんながしっかり打てたし、強さを見せることができたと思います。5年生たちに全国一になってもらいたい」

 今大会、17打数14安打と驚異のバッティングをみせた阿南翔英君、奥本兼史君、岡田岳瑛君の5年生バッテリーらの成長に期待だ。

◆宮崎・三股ブルースカイ 全員でつかんだ銅メダル

 3度目出場の三股ブルースカイが銅メダルを獲得した。

 タイブレークにもつれた準決勝について、浅井俊博監督は「延長では、打たれた子(根差部・金城君)を避け、次(の打者)で勝負の手もあった。僕の采配ミスです」と悔やんだが、持ち前の全員野球で堂々の3位入賞を果たした。

 「選手の自立」を重んじ、練習にはいつも、自分自身でつくったおにぎりを持参。「いまの子供たちは忙しいから」(浅井監督)と、土日に3時間ずつ、平日に1時間と、短いが中身の濃い練習で鍛え上げられた。

 初出場だった2009年は2回戦敗退、13年は初戦敗退。「先輩たちがつくった伝統のうえに、この銅メダルがある。父母もこれ以上ない、バックアップをしてくれました」と浅井監督。別府竜馬主将は「6年生最後、一番大きな大会を、みんなで楽しむことができました」と、最後まで笑顔だった。

 ▽準決勝

多賀少年野球クラブ(滋賀)

02100008|11

00000031|4

長曽根ストロングス(大阪)

 (タイブレーク8回)

(多)木戸−石田

(長)奥本−岡田

本塁打 松田、高田、松井(多)

根差部ベースナイン(沖縄)

20001003|6

01000201|4

三股ブルースカイ(宮崎)

 (タイブレーク8回)

(根)中里、仲本−宮里

(三)山下−田上

(東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する

PR情報