学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[総合]滋賀・多賀が悲願の初V

優勝し、胴上げされる多賀少年野球クラブ(滋賀)の辻監督=25日、神宮球場で

写真

 高円宮賜杯第三十八回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催、東京中日スポーツなど後援)は二十五日、東京・神宮球場で決勝を行い、多賀少年野球クラブ(滋賀)が根差部ベースナイン(沖縄)を11−4で下し初優勝した。

 多賀は1−2とリードされた三回、木戸翔大(しょうた)選手(六年)と松田大輝選手(同)の連続二塁打、松井嘉希選手(同)の三塁打、坊野幸樹選手(五年)の二塁打など、四球を挟んでの連続長打で一挙7点を奪い逆転。その後も追加点を挙げ、根差部を突き放した。

 滋賀県代表の優勝は初めて。多賀は二〇〇〇年の初出場以来、三位二回、準優勝二回の実績を持ち、十二度目の出場で悲願を達成した。辻正人監督は大会を振り返り「目の前の一戦に集中して戦い、ここまで来ることができました」と語った。

 同チームOBにはプロ野球の楽天・則本昂大(たかひろ)投手がいる。同投手は「おめでとうございます。自分もこの大会に出場したことがありますが、ここまで勝つことができなかった。この舞台での優勝はすごいこと。これからもさらに強いチームを目指して頑張ってください」とコメントした。

 ▽決勝

根差部ベースナイン

1010020|4

107021x|11

多賀少年野球クラブ

(根)中里、仲本−宮里

(多)木戸、松井、木戸−石田

▽三塁打 松井(多)▽二塁打 仲本(根)木戸、松田、坊野、辻、松井(多)

 

この記事を印刷する

PR情報