学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[総合]多賀、滋賀県勢初V 12度目出場で“無冠の帝王”返上

 台風20号の影響で順延されていた決勝が25日、神宮球場で行われ、楽天の則本昂大投手がOBの多賀少年野球クラブ(滋賀)が11−4で根差部ベースナイン(沖縄)を下して初優勝した。滋賀県代表の優勝は初めて。多賀は2000年の初出場以来、12度目の出場での悲願達成となった。

優勝し、胴上げされる多賀の辻監督=神宮球場で(内山田正夫撮影)

写真

 木戸翔大投手が軽くジャンプしゴロをさばき、一塁に送球すると、一塁手・坊野幸樹君の捕球が待ち切れない様子で、多賀ナインが一塁側ベンチを飛び出し、マウンドに駆け寄った。これまで準優勝2度、3位も2度の実績を持つ強豪が、ついに“無冠の帝王”の肩書を返上し、全国約1万2000チームの頂点に立った。

3回裏多賀無死二、三塁、右翼線に適時三塁打を放つ松井

写真

 決勝は、1−2だった勝負どころの3回裏に、木戸君、松田大輝君の連続二塁打、松井嘉希君の三塁打、坊野君の二塁打など、四球を挟んで連続長打で一挙7点を奪い逆転した。一気に主導権を握って寄り切る横綱相撲。「今回ほど、投打で力のある選手がそろった年はない」と辻正人監督が評するチームが、決勝でも力を見せつけた。

 今大会は2回戦で前年優勝の東16丁目フリッパーズ(北海道南)と当たったのをはじめ、昨年3位の茨城・茎崎ファイターズ、6度優勝の大阪・長曽根ストロングスと、優勝候補がそろったブロックで戦った。市井柚希主将は「6年間、この日を目指して練習してきました。強いチームとの試合は厳しかったけど、努力の成果を出せました」と喜んだ。

 楽天の則本はチームOB。日本を代表する右腕に育った先輩に憧れる松田君は「全国優勝の目標が達成できてうれしい。これからも則本さんみたいな選手を目指します」と声を弾ませた。辻監督は「あとで『やっと取ったでぇ』とラインします。いつも選手たちを励ましてくれる存在ですが、今回はこちらが彼に力を与えられるかな」と笑顔で話した。

◇多賀OBで楽天・則本投手「とてもすごいこと」

▽楽天・則本昂大投手 初優勝おめでとうございます。自分もこの大会に出場したことがありますが、ここまで勝つことができませんでした。この全国の舞台で優勝することはとてもすごいことだと思います。選手の皆さん、これからもさらに強いチームを目指して頑張ってください。

◇アイデアマン多賀の辻監督 休ませる野球を徹底

力投する多賀の先発・木戸

写真

 多賀・辻監督がよく口にする言葉が「ニュアンスで野球をしない」。すべてのプレーに根拠を求め、得点と守りを追及する。「なんとなくのエンドランは決してしません」。座学も重視した指導をしている。

 アイデアマンでもある。ソフトボールでよく見る「スラップ打法」を取り入れたり、ことしは、投手が攻撃で全力疾走したり、塁上に残った場合は次のイニングを休ませることを決め、頻繁に投手を交代。決勝の最終回も好投していたリリーフの松井君から先発の木戸君に戻した。

 疲労回復のために、大会期間中は宿舎近くの施設にある酸素カプセルも使った。今年は、チームの練習時間を短くした。自由時間を親子での練習や、子供だけでの練習にあてた選手が多く「選手たちの自主性が育まれた気がしますね」とうなずいた。

優勝した多賀ナインら

写真

<多賀少年野球クラブVメンバー> ▽監督 辻正人▽コーチ 谷貞郎、森杉和弘

(10)市井柚希(0)田中駿希弥(1)木戸翔大(2)石田頼(3)坊野幸樹(4)藤濱優楽(5)松井嘉希(6)大塚開史(7)田中颯良(8)高田庵冬(9)南智博(11)矢須田陸(12)甲斐和哉(14)松田大輝(15)水紗志(17)藤内翼(18)疋田大空(20)辻琉沙(24)島崎琉唯(25)平岡大弥

◆沖縄・根差部、準優勝

 3大会ぶり出場だった根差部は前回の8強を上回る準優勝。第21回大会優勝の八島マリンズ以来17大会ぶりに賜杯を沖縄に持ち帰ることはできなかったが、強豪を相手に持ち前の機動力を武器に戦い抜いた。

 6月上旬に、多賀少年の辻監督が私用で沖縄を訪れ、根差部ナインは辻監督からノックを受けるなどした。そこで「全国大会で絶対に対戦しよう」と約束。学童野球ではカリスマ監督として知られる辻監督との約束を忘れず練習に励んで、決勝の舞台で実現させた。「選手たちは本当によく戦ってくれました。食事の面倒や、期間中は保護者たちのサポートにも助けられました」と金城敬監督は、力を出し切った選手はもちろん、父母らにも感謝した。

 2安打に加え、2番手のマウンドにも立ち投打でチームをけん引した仲本大悟主将は「持っている力をすべて出し切ることができました」。19日の開会式から7日間を終えた表情は充実感に満ちあふれていた。決勝が降雨中止になった24日には、築地に出向いて全員で江戸前すしを食べ、東京ドームシティのアトラクションにも乗るなど、野球だけでなく充実した夏だった。

準優勝した根差部ナインら

写真

<根差部ベースナイン準Vメンバー> ▽監督 金城敬▽コーチ 宮里雅徳、比嘉龍也

(10)仲本大悟(0)長嶺昂翔(1)中里虎太朗(2)宮里康平(3)比嘉将大(4)金城塁(5)知念修作(6)長嶺太翔(7)阿波根裕(8)宮城泰成(9)内間康力(11)渡慶次太介(12)大城琉磨(13)小島蒼二郎(14)玉城悠真(15)知念志侑(17)仲大盛吉垣

 ▽決勝

根差部ベースナイン(沖縄)

1010020|4

107021x|11

多賀少年野球クラブ(滋賀)

(根)中里、仲本−宮里

(多)木戸、松井、木戸−石田

▽三塁打 松井(多)▽二塁打 仲本(根)木戸、松田、坊野、辻、松井(多)

(東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する

PR情報