学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会予選 > 記事

ここから本文

【全日本大会予選】

[東京]都大会開幕!

 高円宮賜杯第37回全日本学童軟式野球マクドナルド・トーナメント東京都大会(都軟式野球連盟、東京新聞・東京中日スポーツ主催)は5月27日に府中市民球場で開幕、28日には同球場と同市郷土の森野球場で1回戦31試合が行われた。昨秋の都新人戦準優勝、不動パイレーツ(目黒)などが勝ち上がった一方、同3位の小作台少年野球クラブA(羽村)が逆転負けを喫するなど波乱含みの幕開けに。2回戦は4日に郷土の森第1野球場で行われる。 (石井智昭、鈴木秀樹)

◆新町ライオンズ 激戦制しホッ

自慢の打線で乱打戦を制した新町ライオンズ

写真

 2年ぶりに都大会の舞台に立った新町ライオンズ(青梅)が大塚スネイクス(豊島)との接戦を制し初戦を突破した。

 5−5で迎えた5回表、1死三塁から中本晃太郎主将の中前適時打で突き放すと、2死二塁から瀬登レイ君が左翼線を破るタイムリーで2点を奪った。

 「みんながどんどん打っていたので、自分も打ちたいと思いました。うまく振り抜くことができた」と瀬登君は殊勲の一打に笑顔が弾けた。

 その裏、粘るスネイクスに1点を許したが、2番手の荒井拓真君が低めを突くピッチングで1点を守り切った。

 小峰和彦監督は「リードしている余裕が最後までありませんでしたね」と激戦を制しホッとした様子。この試合2打点の活躍でチームを引っ張った中本主将は「チームのスローガンにあるように“全力、がむしゃら、何が何でも”と笑顔を忘れずに臨みたい」。第32回大会以来となる東京代表の一席をつかむ構えだ。

◆武蔵野エースハンターズ 最終回猛攻6点逆転勝ち

試合終了のあいさつを終え、ベンチ前で勝利を喜びあう武蔵野エースハンターナイン

写真

 6年生は3人と少ないが「チャンスで集中打が出る攻撃力が持ち味」(嶌田哲也監督)の武蔵野エースハンターズ(武蔵野)は都新人戦3位の小作台少年野球クラブ(羽村)と対戦。6回までに5点のビハインドを背負いながらも、最終7回表、連続四球などをきっかけに好機を得ると、押し出し四球に続き代打・森澄晃右君が2点打、1番・奥山佳悟主将も左中間に2点三塁打を放って同点とし、奥山主将も敵失でかえり大逆転した。

 その裏を3人で切り抜け、小作台を退けた武蔵野ナインは飛び上がって大喜び。この試合4安打と大暴れの奥山主将は「最後の打席は“逆転できる”と信じて打席に入りました」と振り返り、「都大会で戦う相手は強いけど、次もいつも通りの打撃ができるよう頑張ります」と笑顔だった。

◆野火止コンドルズ 9得点&完封で快勝!!

1回裏、2ランを放ちチームメートの出迎えを受ける並木君(中央奥)

写真

 昨秋の都新人戦では1回戦不戦勝、2回戦は運動会が重なり棄権で不戦敗と、戦わずして2回戦敗退に終わった野火止コンドルズ(東久留米)。「不完全燃焼だった新人戦後、ここに照準を合わせてきた」(高野哲郎監督)練習の成果をぶつけ、完勝で初戦を突破した。

 1回裏、4番・並木涼太君の2ランで先制すると、2回にも佐々木海心君の適時打で加点、3回には森善翔君、積田隆生君、五反田真斗君の適時打など打者11人で6点の猛攻。投げては好左腕の名久井慶太君から原田美怜主将につないで台東レインボーズ(台東)打線を完封。原田主将は「都大会で試合できることをずっと楽しみにしてきました。いい戦いができました」と声を弾ませた。

◆七北クラブ 舟橋君5イニング8K

都大会で堂々の投球を披露した七北クラブ・舟橋立葉投手

写真

 激戦の江東予選を優勝し都大会に臨んだ七北クラブは新川リトルズ(三鷹)と対戦。七北の快速右腕・舟橋立葉投手は「緊張したつもりはないんだけど、高めに浮いてしまって…」と制球に苦労する立ち上がりも、要所を締めて徐々に調子を上げた。石上宙知君、別府瑛心君に本塁打が飛び出すなど打線の援護もあり、内野善輝君との継投で1失点完勝。2回に3者連続三振を奪うなど5イニング8奪三振の舟橋君は「途中から、うまく修正できて良かったです」と都大会デビューを振り返っていた。

◆力強く選手宣誓

選手宣誓する八小少年隼A・佐藤涼太主将(左)

写真

 5月27日には府中市民球場で開会式が行われた行われた。都内各支部代表63チームの選手たちが同球場で元気よく入場行進。八小少年隼A(府中)・佐藤涼太主将が「大好きな野球ができることに感謝し、地区予選を勝ち抜いた誇りを持ち、最後まで正々堂々、全力でプレーすることを誓います」と力強く選手宣誓を行った。

 ▽1回戦

若葉台フレンズ(稲城)8−7瑞穂ウルフファイターズ(瑞穂) 

レッドサンズA(文京)11−1神田スピリッツ(千代田)

用賀ベアーズA(世田谷)7−4調布ファイターズA(調布) 

東陽フェニックスA(江東)5−3南町ファイターズA(府中)

国分寺バッファローズ(国分寺)5−3リトルジャイアンツ(葛飾)

久我山イーグルス(杉並)7−5小山ファイターズ(町田) 

日野万タイガース(日野)12−1和泉フレンズ(狛江) 

レッドライオンズ(清瀬)7−0福生フェニックス(福生) 

立川スネークス(立川)10−4府ロクスポーツ少年団野球部A(府中)

池雪ジュニアストロングA(大田)8−6ブルースカイズI(北)

ジュニアヤンガース(足立)7−6早一ファイトボーイズ(練馬) 

小金井ビクトリー(小金井)7−1花小金井サイドワインダーズ(小平)

渋谷ユニバース(渋谷)9−8昭島リトルイーグルス(昭島)

高島平ジャガーズ(板橋)8−7オール麻布A(港)

小岩サンダース(江戸川)9−0多摩FR−A(多摩)

武蔵ライオンズ(武蔵村山)4−3中央バンディーズ(中央)

新町ライオンズ(青梅)7−6大塚スネイクス(豊島)

八小少年隼A(府中)7−3ゼットタイガー(大田)

中野セネタース(中野)6−1リトルフィッシュ(足立)

ナインスターズA(世田谷)14−1鶴川ドルフィンズ(町田)

ヤングパワーズ(墨田)8−3レッドシャークス(東村山)

七北クラブ(江東)8−1新川リトルズ(三鷹)

大雲寺スターズ(江戸川)11−1金町ジャイアンツB(葛飾)

秋留台キングスA(あきる野)6−3ひばりが丘ヤンキース(西東京)

不動パイレーツ(目黒)11−1高井戸野球クラブ(杉並)

国立ヤングスワローズA(国立)10−9青雲クラブ(荒川)

旗の台クラブ(品川)9−3戸塚エコーチャイルド(新宿) 

篠崎アトムズA(江戸川)15−6南大沢オークス(八王子)

武蔵野エースハンターズ(武蔵野)8−7小作台少年野球クラブA(羽村) 

野火止コンドルズ(東久留米)9−0台東レインボーズ(台東) 

高島エイトA(板橋)11−0みどり少年野球クラブ(練馬)

(東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by