学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会予選 > 記事

ここから本文

【全日本大会予選】

[神奈川]「全力プレー」誓い川崎で県予選開幕

選手宣誓をする海老名ホーマーズの千田優成主将=川崎市で

写真

 高円宮賜杯第37回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント県予選大会(県野球連盟主催、川崎野球協会主管、東京新聞など協賛)が三日、川崎市川崎区などで開幕した。

 全国大会出場を目指し、地区予選を勝ち抜いた県内32チーム、選手約580人が開会式に臨んだ。海老名市代表、海老名ホーマーズの千田優成主将(11)が「仲間を信じ、一つ一つのプレーを大切に、最後の一球まで全力でプレーすることを誓います」と宣誓。その後4会場に分かれ、一回戦16試合が行われた。

 決勝は十一日、川崎区の大師少年野球場で行われ、優勝チームは八月に東京・神宮球場などで開かれる全国大会(本紙など主催)に出場する。

開会式の入場行進で川崎市代表として、最初に登場した鋼管通野球部ナイン

写真
 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by