学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会予選 > 記事

ここから本文

【全日本大会予選】

[東京]池雪ジュニア 26年ぶり優勝

表彰式後、好投の山野辺大夢投手を胴上げする池雪ジュニアストロングAのナインら=府中市民球場で

写真

 高円宮賜杯第37回全日本学童軟式野球マクドナルド・トーナメント東京都大会(都軟式野球連盟、東京新聞・東京中日スポーツ主催)は二十四日、府中市寿町の府中市民球場で決勝などが行われ、池雪ジュニアストロングA(大田)が新町ライオンズ(青梅)を下して26年ぶり2度目の優勝を果たした。

 池雪は決勝三回、1死一塁から御園拓摩選手の適時三塁打で先制。この回2点を挙げた池雪は五回にも針谷颯太郎選手のスクイズと芳賀一輝選手の2点二塁打で3得点。「調子が良く、ボールが走っていた」という先発の山野辺大夢投手が六回途中まで投げ、最後はマウンドを引き継いだ御園選手が右飛併殺で締めくくった。

 全国大会出場への代表権最後の1枠を懸けて争った3位決定戦では、久我山イーグルス(杉並)が不動パイレーツ(目黒)に勝利し、東京からは池雪と新町、久我山が八月十日から神宮球場などで行われる全国大会出場を決めた。

 ▽三位決定戦

久我山イーグルス9−5不動パイレーツ

 ▽決勝

新町ライオンズ

0000001|1

002030x|5

池雪ジュニアストロングA

(新)荒牧−山崎

(池)山野辺、御園−芳賀

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by