学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会予選 > 記事

ここから本文

【全日本大会予選】

[千葉]清水タイガース初V

初優勝した清水タイガースのメンバー=茂原市富士見公園野球場で

写真

 高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント県予選大会(東京新聞など後援)は三日、茂原市富士見公園野球場で準決勝と決勝があり、決勝では清水タイガース(野田市)が8−1で大新ジャガーズ(八千代市)を破り、初優勝を決めた。

 清水タイガースは一回、中西智敬(ともあき)君の中前適時打などで3点を先制。四回には松尾柊治(しゅうじ)君の左前適時打で1点を追加。五回には盗塁を絡めた攻撃で一挙4点を奪い取り、試合を決めた。

 投げては末益遼君、新井智裕君と継投。要所で内外野陣の好守備もあり、相手打線をランニング本塁打の1点に抑えた。

 久島弘也監督(49)は「勝てたのは子どもたちの成長のおかげ。全国の舞台では打って走って、一勝でもできれば」と笑顔で話した。

 清水タイガースは八月十九日から東京・神宮球場などで開かれる全国大会に県代表として出場する。 (山口登史)

 ▽準決勝

大新ジャガーズ5−3市川アスナロズ

清水タイガース4−0オール五井ヤップオーシャン

 ▽決勝

大新ジャガーズ

00100|1

30014x|8

清水タイガース

 (五回コールドゲーム)

(大)多田、坂本−鳥羽

(清)末益、新井−中西

本塁打 佐藤(大)

 

この記事を印刷する

PR情報