東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント > 少年(中学)軟式野球 > 東京都少年(中学)軟式野球大会 > 記事

ここから本文

【東京都少年(中学)軟式野球大会】

荒川レジェンドが完封で初優勝飾る

優勝した荒川レジェンド=都営駒沢球場で

写真

準優勝のオールドリームス

写真

 第49回都少年軟式野球大会アンダーアーマートーナメント(都軟式野球連盟、東京新聞・東京中日スポーツ主催)は二十二日、世田谷区の都営駒沢球場で準決勝と決勝が行われ、決勝で荒川レジェンド(荒川)がオールドリームス(町田)を下して初優勝した。ブラックキラーズA(足立)と東京サニーズ(港)が三位だった。荒川は東京代表として八月十六日から千葉県で開かれる関東大会に出場する。

 荒川は初回、四番・田村海人主将の中越え二塁打で先制。三回に連続四球を足掛かりに2点、四回には上村周作選手の本塁打で1点を加え、名倉大智投手が相手打線を完封した。

 ▽準決勝

オールドリームス(町田)7−5ブラックキラーズA(足立)

 (タイブレーク8回)

荒川レジェンド(荒川)2−0東京サニーズ(港)

 ▽決勝

荒川レジェンド

1021000|4

0000000|0

オールドリームス

(荒)名倉−田村

(オ)大滝、中泉、出口、斉藤光−池田

本塁打 上村(荒)

 

この記事を印刷する