東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > スポーツ一覧 > 東京キッズベースボールアカデミー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京キッズベースボールアカデミー】

野球の基本、指導法「学べて良かった」 船橋で児童ら教室

写真

 学童野球の巡回教室「東京キッズベースボールアカデミー」(船橋市野球協会少年学童部、東京新聞・東京中日スポーツ主催、セガサミーグループ特別協賛)が十八日、船橋市の高瀬町運動広場ほかで開かれ、船橋・鎌ケ谷両市内のチーム所属の小学生とその指導者約二百人が参加した。

 子どもたちは田野倉利男さん(元中日)、大川章さん(元ヤクルト)、佐藤洋さん(元巨人)の各講師にボールの握り方からキャッチボール、ゴロの捕り方や打撃など基本を教わった。若松青少年会館では巨人や中日でプレーし、慶応大学野球部監督も務めた江藤省三さんによる指導者講習が開かれ、参加者たちは熱心に耳を傾けていた。

 船橋市の西船ウイングスの近藤輝明選手(四年)は「いつもと違う感じで基本のことが学べてよかった」と笑顔を見せた。

 

この記事を印刷する

PR情報