東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > 東京マラソン > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【イベント情報】

公式ホームページ

来年の東京マラソン チャリティー参加を アンバサダーがPR

写真

 来年二月二十五日に開催される「東京マラソン2018」(東京新聞など共催)のチャリティ参加者募集に向けて、東京マラソン財団スポーツレガシー事業のチャリティアンバサダーを務める大島めぐみさん、中村優さん、M高史さん=写真(右)から=が訪れた。難民や障がい者支援など十五ある事業から寄付先を選び、十万円以上を寄付し東京マラソンに参加するチャリティランナーは、一般申し込みに先駆け、公式ウェブサイトで受け付けている。先着四千人で三十一日まで。マラソン参加料は別途。

 大島さんは「以前、ニューヨークの大会に出た時、トップアスリートと一般のチャリティランナーが同じ先頭のスタートラインに立っているのを見て、チャリティーの浸透度に驚いた。次世代のアスリートを応援する方法の一つにチャリティーがあることを周りの人に伝えていきたい」と話した。

 

この記事を印刷する