東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史 > 記事

ここから本文

【ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史】

(11)父の猛反対 今はその親心が分かる

イラスト・赤塚千賀子

写真

 僕は、地元広島のジャズ喫茶で歌ううちにスカウトされ、高校一年の夏休みに東京へ行きました。東京では、有名なプロダクションの人に紹介されて会い、近いうち本格的に上京しようと決心しました。ところが広島に戻って両親に切り出すと、猛反対に遭いました。

 音楽に理解があったはずの父が「趣味でやっている分には感性が育っていいが、食っていけると思っているのか!」と、手のひらを返して強硬な姿勢で反対しました。厳しいプロの世界で生活できるのは一握り。今から思えば、息子が挫折したり、暮らしに行き詰まったりするのを避けたい、という親心だったんでしょう。

 後に引かない性格の僕は叔父にお金を借り、手続きを進めてもらいました。黙って出て行こうと準備していると、それをお見通しの父は「二度と家から出さん!」と、僕の手足を縛り上げて押し入れに放り込んだんです。

 理不尽な仕打ちに押し入れで泣いていると、スッと戸が開き、母が「痛かったでしょう。お父さんには私からよく話すから。行き先の住所だけは教えてね」とひもをほどき、僕を出してくれました。そして、僕は一人、ジーパン姿で夜行列車に乗り、上京しました。

 きっと、僕の一度言ったら聞かない性格を知っていた父と母の、出来レースだったんだと思います。昔かたぎの父は「がんばれ」とは言わず、失敗しても広島に戻れるよう「最初から反対していたんだ」という形にしておきたかったのではないかと思います。その代わり、母は優しくしてくれたのでしょう。

 三人の子どもができた今、僕も同じ立場になったら…。迷うところです。やはり父と同じことを言うかもしれませんね。 (歌手)

 

この記事を印刷する

PR情報