東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史 > 記事

ここから本文

【ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史】

(13)デビューの日まで 忘れられない味

イラスト・赤塚千賀子

写真

 デビューの日まで僕は毎日、歌や芝居、踊りのレッスンに明け暮れました。高校生だったのですが、レッスンが大変だったので途中から夜間部に入りました。いろいろな年代の人が学んでいて、刺激になりましたね。

 このころは、とてもおなかがすいて困りました。居候なので、やっぱり遠慮をしていたんでしょう。電車に乗るところを歩いて交通費を節約し、ラーメン屋さんで腹いっぱい食べたこともあります。

 夜中に食べたお茶漬けの味も、忘れられない思い出です。レッスンのことで怒られ「夕食抜き」になったときのこと。お世話になっていた上条さんの家に、部下の清水さんという人が同じように居候していて、皆が寝静まったころに台所に残っていたご飯を「食べろ」って出してくれた。涙が出たのを覚えています。

 多くの人に良くしてもらいました。定食屋さんでおかずを一品増やしてもらったり、銭湯で「今日はいいから」と無料にしてくれたり。できるだけ家族で一緒に食べるといった食事へのこだわりは、こうした経験が根っこにあります。

 もうすぐデビューというとき、上条さんは大手プロダクションを紹介してくれました。チーフプロデューサーの家に移ることになったのですが、そこでは八畳の部屋を与えてくれたんです。相変わらずの居候で、部屋には着替えと洗面道具しかありませんでしたが、三角部屋からの引っ越しは正直うれしかった。

 一九七二年三月に「恋する季節」で歌手デビューしました。発売日に「西城秀樹さんの『恋する季節』をくださーい」と渋谷のレコード店に行き、何枚も買いました。ちゃんと売れているか気になって仕方がなかったからです。 (歌手)

 

この記事を印刷する

PR情報