東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史 > 記事

ここから本文

【ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史】

(15)実は高所恐怖症 ヘリから派手に登場

イラスト・赤塚千賀子

写真

 「ワイルドな十七歳」というキャッチフレーズで、デビューした一九七二年。三枚のシングルを出したものの、全くヒットしません。初めてオリコンチャートのベストテンにランクされたのは、翌年五月に出した五枚目の「情熱の嵐」でした。僕のスタイルが確立した歌でもあります。

 ♪君が望むなら いのちをあげてもいい

 掛け声を入れやすく意識して作られた曲で、歌詞の合間にファンが「ヒデキ!」と叫んでくれます。ヒットしていたにしきのあきらさんの「空に太陽がある限り」の「愛してる(愛してる)とても(とても)」の歌詞をヒントにしました。

 思い出されるのは新曲発表会です。会場は、埼玉県にあった西武園・ユネスコ村。ヘリコプターで登場し、縄ばしごからステージに降りて歌う趣向でした。今だったら許可は下りないでしょうね。

 ヘリで会場上空に達するとファンの熱気が伝わってきます。「派手にやろう!」と意気込み、縄ばしごをつかもうと地上を見下ろすと「怖い!」。実は高所恐怖症。命綱は付けていましたが、とにかく怖かった。「なんでこんなことをしなくてはいけないの?」とマネジャーを恨みました。

 縄ばしごで降りるのはとても力が必要で、腕が痛みました。歯を食いしばり、にこやかにステージに降り立つとすさまじい歓声で、派手な演出は効果が高かったようです。

 後で知ったことなのですが、僕を押し入れに閉じ込めてまで芸能界入りを反対したおやじが、近所のお店を回り、頭を下げてこの曲のポスター張りを頼んでくれたそうです。レコードを何度も何度も手でさすっていたとも。家族にも支えられ、芸能界への第一歩を踏み出しました。(歌手)

 

この記事を印刷する

PR情報