東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > とちぎ 心の健康便 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【とちぎ こころの健康便】

自分の時間も確保しよう 介護する側の精神的負担

 高齢の親を息子や娘が介護したり、年を取った夫を同年代の妻が面倒見たりする時代です。体の自由が利かなくなっても、その人らしく過ごしてほしい。家族を大切に思うのは当たり前です。ただ、それが長く続くと、介護する人にとって大変な苦労があるのも事実です。身の回りの世話で肉体的に疲れるばかりか、うまくコミュニケーションを取れなかったりすると、「どうして私だけ…」と心に疲労もたまります。支える側の心の負担を和らげるには、どんなアドバイスがあるでしょうか。水島先生に聞きました。

 「介護うつ」というものがあります。介護を一人で抱え込んでしまった結果、起こってくるうつ病です。二〇〇五年の厚生労働省の調べによると、介護者のおよそ四人に一人が「うつ状態」にあるといいます。最悪の場合、自殺や無理心中につながることもあります。

 なぜ介護を抱え込んでしまうのかというと、やはり肉親としての情や、「私が一番世話の仕方を知っている」という思いからでしょう。施設に預けることなどの罪悪感もあると思います。

 介護は、その物理的な負担のみならず、先の見えなさ、拘束感、完璧な介護へのとらわれなど、うつ病につながりやすいいくつもの特徴を持っています。一人で介護を抱え込んで疲弊し、精神的に孤立したときにうつ病に陥りやすいことが知られています。

 私は、介護は社会的に行う方がよいと思っています。もちろん施設の待機期間が長いなどの問題はありますから、理想通りにいかないと思います。でも、労働的な部分はできるだけ公的支援で、そして、情緒的な部分は家族が担うのが、最もよい形なのではないかと思います。

 待機期間中や、それ以外の事情により自分で介護をしなければならない場合は、「自分の時間」を確保すること。自分自身が燃え尽きてしまったら、そもそも介護が成立しなくなります。

 何らかの趣味や活動に打ち込んでもいいし、そんな時間も取れないくらいなら、せめておいしいお茶をゆっくり飲みましょう。「今だけは私の時間」と割り切る心はとても大切ですし、それ以外の時間のためのエネルギーを生みます。

 愚痴を言ったり、相談したりすることも大切。セルフケアに心掛けることはとても重要です。

(精神科医・水島広子)

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by