東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > とちぎ 心の健康便 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【とちぎ こころの健康便】

成果より努力を見てあげて 「褒める」と「しかる」のバランス

 子どもを育てる親として、わが子の良い面をしっかり褒めながら個性を伸ばすのか、逆に足りない部分を厳しく指摘しながら教育するのかは、とても難しいテーマです。誰だって褒められればうれしいし、しかられたらションボリします。純粋に受け止める子どもたちにとっては、多少なりとも心の成長に関わってくるはずです。何でも肯定するだけでは自信過剰になり、逆に怒ってばかりだと卑屈になってしまうのかも…。「褒める」と「しかる」。どうバランスを取ることが必要でしょうか。水島先生に聞きました。

 まず、大原則として知っておきたいのは、子育てにおいて「否定」は百害あって一利なし、ということです。親から受けた「否定」は、自己肯定感の低下につながり、将来的に心の病に至ることもありますし、「生きづらさ」を抱える多くの人が「親から否定されて育った」と言うものです。

 もちろん単に甘やかせば良いという話ではありませんし、教育は親の責務でもあります。

 親から見て「足りない」ところは、いろいろな意味で、現時点での子どもの対処能力の限界だと言えます。ですから、改めた方が良いと思うところがあったら、「本当はどうしたかったの?」「どこが難しかった?」などと聞いて「より良い方法」を一緒に考える、というのが教育的でしょう。

 もちろん、反抗期の真っ最中など、そういった会話が成立しない時期もあります。そんなときには、「○○ちゃんのことだから何か理由があったのだと思うけど、やっぱり××は賛成できないな。別の形でできないかな」などと言葉をかけておくだけでも効果的です。どうせ親に言えば否定されると思って言わずにいる子どもも多いからです。

 褒める際にも注意が必要です。成績が良いなど、成果を褒める習慣がついてしまうと、子どもによってはプレッシャーを感じる場合もあります。「次も良い成績を取らないと否定されてしまう」とびくびくしてしまうこともあるのです。

 褒める際は、「成果」ではなく、「努力」を褒めた方が良いでしょう。「よく頑張ったね。だから良い結果も出てよかったね」「よく頑張ったね。成績にはそれが表れていないから残念だけど、頑張ったのはすごいと思っているよ。次は成果につながるといいね」などと伝えてあげると良いと思います。(精神科医・水島広子)

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by