東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 知られざる世界ランカー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【知られざる世界ランカー】

不屈の小さな虎 ムエタイ世界6冠 宮内彩香

キックの練習に汗を流す宮内彩香=東京都港区で

写真

 国技ムエタイの世界王者は、時に国賓級の待遇で迎えられる。リングネーム「Little Tiger」(リトルタイガー)こと宮内彩香(32)。彼女がタイの空港に降り立てば、けたたましいサイレンを鳴らすパトカーが渋滞をかき分け、ホテルまで先導する。

 157センチ、46キロのきゃしゃな体がリングで一変する。重く鋭いハイキックの連射が相手を打ちのめす。奪った世界ベルトは3階級にまたがる6本。WMC(世界ムエタイ評議会)、WPMF(世界プロムエタイ連盟)など主要団体の王座を総なめにした。デビューから44戦、一度もダウンを喫していない。

 ムエタイ戦士としてやり尽くした感もあるが、そんな考え方を王者は嫌う。「ベルトだけのために戦っていない。目標はリングを下りた時もチャンピオンでいること」。人として尊敬される生き方にこだわる。だから、てんぐになることもない。

 父親が営む東京都台東区のすし屋では、試合後、客と気軽に会話を楽しむ。「チャンピオンになれたのは、多くの人の支えと応援のたまもの。だからベルトはみんなのもの。直接手に取ってもらい、勝利を分かち合いたい」

 ◇ 

 3人姉妹の長女。小学生の時に極真空手で男子に交じって全国大会3位の経験はあるが、中学、高校時代は格闘技とは無縁だった。転機は歯科助手だった24歳の時。友人に誘われたボクササイズに物足りなさを感じ、「どうせ運動するなら、本格的なものをやろう」。“闘争本能”が目を覚まし、キックボクシングのジム通いが始まった。

 プロへの背中を押したのが、父の店の常連で初代タイガーマスクの佐山聡氏だ。武士道の精神や格闘技の基本を惜しみなく伝授した武道家は、「同じ蹴りでも空手とキックボクシングでは全然違う。彼女は貪欲に練習し、スポンジのように吸収していった」と振り返る。5カ月後の2007年10月、「Little Tiger」はデビュー戦に勝利した。

 「佐山先生にタイガーの名前を使う許可をもらいました。横文字にしたのも海外の人が覚えやすいから」。デビューの時点で、世界の頂点を見据えていた。

 キックボクシングの試合を積んだ後、11年から主戦場をムエタイに移す。キックボクシングでは通常禁止される肘打ちや首相撲(相手の首をつかんでの膝蹴りなど)もOK。「タイ人の技が奇麗。試合というより芸術作品」と、そのとりこになった。次女の怜香さん(30)が「見てるこっちがもどしそうになる」と言うほどの猛練習。12年6月にWMC、WPMFミニフライ級のダブル世界戦に勝利し初戴冠すると、その後はタイの田舎町で武者修行を敢行するなど精進を重ね、6冠への歩みを始めた。

 ◇ 

世界ベルトを披露する宮内

写真

 世界王者とはいえ、日本ではマイナースポーツ。2カ月に1度の試合も、1回のファイトマネーは20万〜30万円ほど。当然、それだけで食べていくことはできない。宮内は「同年代のOLほどもらっていないと思う」と打ち明ける。スポンサー探しは、競技を問わずアスリート共通で最大の課題なのだ。

 親しみやすさも受け、宮内のファンは年々増加中。地元企業を中心に4社がスポンサーとなり、獲得資金は年間300万円超。理想は500万円以上というが、活動の大きな力になっている。

 宮内は昨春、東京・西新橋に「世界初のキクササイズ」を掲げたフィットネスジムを開設した。同じく空手経験者の怜香さん、三女琴香さん(27)の3姉妹がインストラクターとなり、キック中心のトレーニング法をOLらに教える。体幹を鍛え、ストレス発散の効果もあるという。

 「現役の間に、社会に何か還元したかった。キクササイズで女性が体と心の健康に役立ててほしい。国内のジムを増やし、将来はタイにも開きたい」と宮内。起業家の顔も、またりりしい。(牧田幸夫)

◆台東区出身「リトルタイガー」

<みやうち・あやか> 東京都台東区出身、32歳。2007年10月、Little Tigerの名でプロデビュー。日本王座を二つ獲得後、12年6月にWMC&WPMF世界ミニフライ級ダブルタイトルマッチに勝利し初の世界王座。ムエタイ3階級で6冠を達成。現在もWMC世界ピン級、WBCムエタイ・インターナショナルミニフライ級など三つの世界王座を保持。通算成績は44戦27勝(9KO)13敗4分け。

◆タイの国技 400年以上の歴史

<ムエタイ> パンチ、キック、肘打ち、膝蹴りなどで闘う格闘技。400年以上の歴史を持つとされるタイの国技で、1960年代に日本で生まれたキックボクシングは、このムエタイやボクシング、空手が参考にされた。ムエタイではキックの方がパンチよりも重視され、高い得点が得られる。一方、キックボクシングではキックもパンチも有効打なら同じ得点となる。日本の競技人口は合わせて1万人ほど。

 

この記事を印刷する

PR情報