東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 鉄学しましょ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【鉄学しましょ】

富士のローカル線 村井美樹さん

写真

 「そうだ、岳南(がくなん)電車に乗ろう」。青春18きっぷで東海道線の旅をしていた私。夕暮れ時にふらりと静岡県富士市のJR吉原駅に降り立ち、私鉄の岳南電車に乗り換えました。

 吉原駅と岳南江尾(えのお)駅を結ぶローカル線。全線9.2キロ、終点までたった20分ほどの小さな路線です。吉原駅のホームは、柱と屋根のカーブが面白い。いい具合にさびついていて、昭和レトロな風情がたまりません。

 なんといっても、10駅全てのホームに富士山ビュースポットがあるのが特徴です。この日は、あいにく富士山は雲の中で諦めていたら、吉原駅で列車を待つ間にひょこっと富士山が顔を出してくれました。

 緑のかわいい車両で終点まで。もう一つの見どころは沿線の工場風景。特に岳南原田駅から比奈駅は林立する製紙工場群を縫うように走り、迫力満点です!

 日暮れ時、さぞ工場夜景もきれいなんだろうと期待していたら…車内の明かりがまぶしく、外がよく見えませんでした。車内を真っ暗にして夜景を楽しむ「夜景電車」を定期運行しているそうなので、今度はぜひ狙って行きたいな。

 

この記事を印刷する

PR情報