東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 鉄学しましょ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【鉄学しましょ】

乗ってみぃ手招き 村井美樹さん

写真

 世田谷区の三軒茶屋駅−下高井戸駅を結ぶミニ路線、東急世田谷線で、2018年9月末まで「幸福の招き猫電車」=写真=が運行中です。前身の玉川線の開通110周年を記念した車両で、正面に猫の顔、側面は招き猫がいっぱい! 車内もつり革が招き猫仕様、床にピンクの猫の足跡が描かれ、猫好きにはたまらないかわいいデザインになっています。

 招き猫電車は、沿線(宮の坂駅から徒歩5分)にある豪徳寺の招き猫伝説にちなみます。2代目彦根藩主の井伊直孝が手招きをする白猫に導かれてお寺の門内に入ったところ、運良く雷雨を免れたそう。それがきっかけで豪徳寺を井伊家の菩提(ぼだい)寺にしたのです。桜田門外の変で有名な井伊直弼(なおすけ)のお墓もここにあります。

 境内にある招福殿の横には、大中小さまざまな招き猫がぎっしりと奉納されていて壮観! 一見の価値ありですよ。ちなみに彦根市のゆるキャラ「ひこにゃん」も、この白猫がモデルになっています。

 沿線には他にも吉田松陰のお墓がある松陰神社や、宮の坂駅に保存されている旧玉川線の車両デハ80形など見どころたくさん。乗るなら今がチャンス! ぜひ9月中に招き猫電車に乗って、のんびり沿線を散策されてみてはいかが?

 

この記事を印刷する

PR情報