東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > タイムライン > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【タイムライン】

美容師から再び夢へ スキーフリースタイル ハーフパイプ・鈴木沙織

華麗なジャンプを披露する鈴木沙織=城北信用金庫提供

写真

 美容師から転向して競技を始め、大けがをも克服して、2018年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪を狙う。一風変わったキャリアを持つスキーフリースタイル、ハーフパイプの鈴木沙織(26)=城北信用金庫。昨季はワールドカップ(W杯)で2度、4位に食い込み、実績を積んだ。来季に五輪が控える中、さらなるレベルアップを目指している。 (平松功嗣)

 山形県出身の鈴木は、3歳のころにスキーを始め、小学校に上がる前から一人でゲレンデを滑っていた。高校まで打ち込んだのはアルペンスキー。だが思うような結果は出ず、高校卒業で一度は競技をあきらめた。

 美容師になるために上京。2年間、専門学校に通って資格を取り、店で働き始めた。しかし、自宅近くの室内スキー場で滑っているうちに、スキーへの思いが再びわいてきた。「アルペンでは完全燃焼できなかったのもあって、どうしてもやりたいという気持ちになった」。美容師になって半年、20歳で競技復帰を決断した。

 アルペンで再び世界を目指すのは厳しいという現実はあった。ちょうどフリースタイルの女性選手の活躍を目にし、「かっこいい。女性でもここまでできるんだ」とあこがれもあった。自分で指導者を調べ、「オリンピックに出るんで、教えてください」と頼み込んだ。こうして、フリースタイルの道に進んだ。

 転向して3年目。W杯初出場を目前にした時期の米国合宿中、ジャンプから着地する際に右膝の前十字靱帯(じんたい)を切る大けがを負った。だが「引退という字はなかった。このけがが平昌直前じゃなくて良かった」と視線はあくまで18年の五輪へと向いていた。リハビリを乗り越え、また一から小さい大会に出場してW杯への出場を目指した。そして一線に戻ってきた昨季。W杯2戦に出場してともに4位。少し遠回りしたが、五輪出場が現実のものとして近づいてきた。

写真

 昨季も小さなけがで戦線離脱したことがあった。「けががなければって今でも思うけど、それを言っても何も変わらない」。美容師から競技に復帰し、20歳でフリースタイルを始め、大けがも経験して。紆余(うよ)曲折を経たことで、強くてポジティブなメンタルも手に入れた。

 小さいころから、五輪はあこがれだった。「親がスキーをしている私のことがすごく好きなので。最大限に喜んでもらえる舞台は五輪だって、子どもながら思っていた」。幼稚園児のころのスキー場への送り迎えから、ずっと応援してくれている両親を喜ばせたい思いは強い。

 もう一つ、モチベーションがある。けがでリハビリに取り組んでいる時、自ら山形のテレビ局に売り込んで苦闘している姿を特集してもらった。すると入院している重病の患者から「頑張っているね、私も負けてられない」などと声を掛けてもらった。

 「五輪に出たら、たくさんの人に見てもらえる。その中で、私を見て頑張ろうという人が一人でも増えたら」

 五輪の1季前のシーズンが始まる。「勝つぞ!というよりは、淡々と確実にいきたい」という。「下積みの練習は誰よりもやっている」という自信を胸に、世界に挑む。得意なのは、女子では苦手な選手が多い後ろ向きからのジャンプ。「後ろ向きでも高く跳べるところが、持ち味ですね」。もちろん、気持ちは前向きだ。

写真

◆鈴木所属の城北信金 女性アスリート支援

 鈴木沙織が所属する城北信用金庫(本部・東京都北区)では、アスリート職員として鈴木ら7人が活躍している。いずれも個人競技で、フェンシング、陸上、カヌー、テコンドー、スキーと競技がバラエティーに富み、7人とも女性という異色のチーム。ほぼ競技に専念できる形で選手を支援する一方、地域の学校でスポーツ教室を開いたり、顧客である経営者のセミナーなどで講演したりと、選手が地元で活動している。

 自身も陸上の競歩で五輪出場経験がある大利久美マネジャーは「城北信用金庫の方針として、女性の活躍を推進する考え方があるので、選手たちは最大限に競技に集中できる環境をもらっている」と説明。その上で、「地域とつながる役割をアスリートに担ってほしいという思いもある」という。

 パチンコ店でアルバイトをしながら競技生活を送っていたこともある鈴木は「ものすごくありがたい。トレーニングの時間を増やせたのは大きいし、応援していただいているので、気持ちの面でもしゃきっとしないといけないというのも大きい」と感謝している。

 <すずき・さおり> 1990年1月生まれ。山形中央高、資生堂美容技術専門学校を経て美容師に。20歳でスキーフリースタイルを始める。今年4月に城北信用金庫に入庫。アニメ好きという一面も。

 

この記事を印刷する

PR情報