東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > タイムライン > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【タイムライン】

テレビ観戦派 ハマるか DAZNのJリーグネット中継

複数の試合中継を一度に見られるDAZNの番組「Jリーグ・ゾーン」のサンプル画面

写真

 インターネットの有料動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」がJリーグ全試合の中継を始めてから、2カ月がたつ。DAZNを提供する英「パフォーム・グループ」がリーグと10年間で約2100億円という放送権料で大型契約を結んだ昨年は、「黒船」の到来とも呼ばれたが、ネット主体の視聴習慣は定着するのか。将来性と課題を探った。 (浅井俊典)

 J1からJ3まで計11試合があった今月2日、DAZNが新たな番組提供を始めた。同時間帯に行われている複数の試合を一つの画面で見られる「Jリーグ・ゾーン」。注目シーンが訪れた試合会場にその都度、中継が切り替わる。ボール支配率やパス成功率などのデータも表示されるほか、スコアも一度に確認でき、昨季にはなかった目新しさを感じさせる。

 すべての中継は、東京都港区のDAZNオフィスから配信されている。J1開幕の2月25、26日には通信環境によって中継が途切れたり、試合が見られなかったりするトラブルが相次いだ。直後にシステムの増強と一部作業の見直しを図り、その後の中継で不具合は起きていないという。

 「これから数年間にわたって(Jリーグに)大きな変化をもたらしたい」。パフォーム・インベストメント・ジャパンのラシュトン最高経営責任者(CEO)は、開幕前の記者会見で力強く語った。日本での知名度は低いが、動画配信の世界的大手であるパフォームにとって、Jリーグとの大型契約は先行投資の意味合いが強い。

 パフォームは、試合のダイジェスト映像やプレーのデータを各国のメディア、プロリーグなどに提供して利益を上げている。新たな収益の柱として考えているのが、スポーツ中継をネットで有料配信するDAZNだ。

写真

 目玉事業の有力な番組の一つにJリーグを選んだのにも理由がある。近年の欧州リーグの放送権料が年間数千億円と高騰する中、昨季のJリーグは約50億円。業界関係者は「欧州の主要リーグと比べれば、それほど高い額ではない。衛星放送の参入で飛躍的にブランド価値が高まったイングランド・プレミアリーグのように、Jリーグを囲い込んで優良なソフトに育てようという狙いがあるのでは」と指摘する。

 DAZNは契約者数を公表していないが、昨年10月から今年1月まで毎月300%ずつ契約者が増えたとしている。Jリーグの視聴形態をみると、インターネットに接続したテレビが34%。パソコンでのウェブ視聴も同じく34%、スマートフォン・タブレット端末が30%で続く(5日現在)。

 ただ、Jリーグ開幕前のデータでは、テレビ視聴が71%を占めるなど、じっくり家のテレビで観戦したいという人も多い。ラシュトンCEOも「DAZNはテレビで見られることを強調したい」と話し、2000万ドル(約22億円)を投じて視聴方法などの告知キャンペーンをしている。

 関西大の黒田勇教授(メディア論)は「海外リーグのサッカー中継をスマホなど携帯端末でも見たいという需要は一定数あるが、ファンの年齢層が高いJリーグでこのビジネスモデルが成立するかは不確定な要素が大きい」と話す。

◆臨場感プレミアL仕込み

Jリーグの試合中継を配信するDAZN。今後はスタジアムでしか見られないサービスも検討するという=豊田スタジアムで

写真

 DAZNが番組の売りにしたいのが世界最高峰のイングランド・プレミアリーグなどで培った臨場感のある中継映像だ。担当者は「世界レベルと遜色ない高品質の中継を目指す」と自信をのぞかせる。

 顕著に変わったのはカメラ台数。J1ではスカパーJSATが中継した昨季の6台から9台に増やした。特にバックスタンド側に備えられるカメラは、スーパースローモーション動画を撮影でき、得点後の監督や選手の表情を捉えやすい。注目カードは最大16台のカメラを設置する。さらにマイクの数も倍に増やした。

 中継にあたっては、プレミアリーグの映像制作に携わったスタッフが指導する。これまでばらばらだった中継のアングルなどを統一した。テレビ局の関係者は「昨季まではピッチレベルの映像が多かったが、今季は上方のカメラから俯瞰(ふかん)する構図が多い。このあたりも英国式の手法を感じる」と話す。

 「試合後」の映像活用にも力を入れる。従来は放送した映像だけを残していたが、DAZNは試合を撮るすべてのカメラの映像を保存する。サッカー解説者がスポーツ番組でプレーを分析する際、さまざまな角度の映像を使えるようになったり、審判の目の届かない悪質なファウルなどを検証する際にも役立ったりしそうだ。

<パフォーム・グループ> 英国のインターネット動画配信大手で、スポーツ関連のさまざまなデータ、映像の提供を手掛ける。サッカー分野では世界一とされるデジタル配信メディア「Goal.com」や、イングランド・プレミアリーグ、ラグビー、クリケットなどのデータ分析をする「オプタ」といったサービスを展開。新規事業のDAZNは昨年8月に日本とドイツ、オーストリア、スイスの4カ国で有料配信を始めた。放送権の関係で、日本と他の3カ国では見られる番組が異なる。日本ではサッカーのドイツ1部リーグ、イタリア1部リーグ、米大リーグ、F1なども視聴できる。

 

この記事を印刷する

PR情報