東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > タイムライン > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【タイムライン】

ポドルスキ、Jに旋風 神戸・6億円FW 鮮烈デビュー

デビュー戦でゴールを決め、ガッツポーズする神戸・ポドルスキ=7月29日、ノエスタで

写真

 Jリーグにまた、ワールドクラスの外国人選手がやってきた。元ドイツ代表で、トルコ1部リーグのガラタサライからJ1神戸に移籍したFWルーカス・ポドルスキ(32)。“6億円の男”は先月29日のデビュー戦で名刺代わりの2ゴールを決め、いきなりサポーターの心をわしづかみにした。幾多の大物外国人選手が名を連ねてきたJリーグ史に、新たなビッグネームが加わった。 (対比地貴浩)

 世界トップレベルのプレーで大宮とのデビュー戦から日本のファンを驚かせた。J1初得点は、中央約25メートルから振り向きざまに得意の左足でゴール右隅へたたき込んだ強烈なミドル弾。2点目は、相手DF2人に強靱(きょうじん)なフィジカルで競り勝ち、右クロスを頭で決めた。

 「チャンスでしっかり決められるのがすごい」と2トップを組んだ元日本代表の渡辺千真も舌を巻く決定力。獲得に動いた三木谷浩史会長は「あれだけのシュートはJリーグでなかなか見られない」と高い技術を絶賛した。

 推定年俸6億円。2014年から15年途中までC大阪に在籍した元ウルグアイ代表FWフォルランに並ぶJリーグ史上最高額とされる。その高い期待にたがわぬ実力の片りんを早速、ピッチで見せた。

 先月、チームに合流したばかりだが、移籍が決まったのは2月とあって、来日前から「狂騒曲」が巻き起こった。先月6日に来日した際、神戸空港にはファンら約1000人が待ち受けた。到着した関西空港からチャーター機に乗り換えるVIP待遇も世間の話題をさらった。

 デビュー戦の観客数は1万9415人で昨夏の同じカードに比べ約8200人も増えた。今季のグッズ売上額の2割が早くもポドルスキ関連で占められており、営業面でも貢献度の高さがうかがえる。

 ポドルスキが「大きな挑戦」と語る今回の移籍が成功すれば、Jリーグにさらなる大物を呼び込む好機になるかもしれない。最近は潤沢な資金に物を言わせた中国クラブの「爆買い」に押されているが、Jリーグは昨年、英動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」と放映権料で10年2100億円の大型契約を締結。成績次第で各クラブに入る巨額の分配金は、大物獲得へ貴重な原資になる。

 Jリーグの原博実副理事長は「ポドルスキのいい効果が神戸だけでなく、リーグ全体に出てくれれば」と期待を寄せる。

<ルーカス・ポドルスキ> 攻撃力が抜群のFW。ワールドカップはベスト・ヤングプレーヤー賞に輝いた2006年から3大会続けて出場し、ドイツ代表通算130試合49得点。ドイツのバイエルン・ミュンヘンやイングランドのアーセナルなどでプレー。ポーランド南部グリビツェで生まれ、ドイツへ移住。182センチ、83キロ。

◆ジーコ、ストイコビッチ…印象深い助っ人たち

 Jリーグは1993年の創成期から、きら星のごとく輝く世界的な外国人選手の華麗なプレーに彩られてきた。

 鹿島で活躍した第一人者のジーコは、Jリーグ元年の開幕節でいきなりハットトリックを達成。王国ブラジルが生んだスーパースターの快挙は、国内外に一躍「Jリーグ」の名を知らしめた。その後も、芸術的なFKや創造性豊かなパスなどで国内のサッカー熱を一気に押し上げた。

 名古屋に所属した旧ユーゴスラビア代表のストイコビッチは華やかなプレーでファンを魅了した。94年に雨で水が浮くピッチを避けるために繰り出したリフティングでのドリブルは、スーパープレーとして長く語り継がれている。

 元ブラジル代表の鹿島・レオナルドは甘いマスクで女性ファンも引きつけた。95年にゴール前で5回のリフティングで相手DFを翻弄(ほんろう)した末に決めたハーフボレーは、Jリーグ史上ベストゴールの一つといえる。

 G大阪などでプレーした元カメルーン代表のエムボマは、高い身体能力を生かした数々のスーパーゴールで衝撃を与えた。元アルゼンチン代表で天性のゴール嗅覚からJリーグ初代得点王に輝いた横浜Mのディアス、元旧西ドイツ代表で巧みなドリブルやFKで沸かせた市原(現千葉)のリトバルスキー、磐田の黄金期の礎を築いた元ブラジル代表主将のドゥンガら多士済々の顔触れは、今もファンの記憶に深く刻まれている。

1993年5月16日、Jリーグ開幕節でハットトリックを達成し、アルシンド(7)と喜ぶ鹿島・ジーコ=カシマスタジアムで

写真

華々しいプレーで常にファンを沸かせた名古屋・ストイコビッチ(右)=2001年6月23日、瑞穂陸上競技場で

写真
 

この記事を印刷する

PR情報