東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > とちぎごはん > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【とちぎごはん】

朝に楽しむ2つの食感 山芋のしらすオムレツ

写真

 二月はまだまだ寒い日々が続きます。寒い朝にごはんを作るためにキッチンに立つのは大変ですよね。今回は今が旬の食材を使い、栄養もあって、そして簡単に作れ、朝ごはんにもおすすめな「山芋のしらすオムレツ」をご紹介します。

 山芋は昔から「山のウナギ」と言われるほど栄養価が高く、酵素を多く含み、疲労回復にとても良い食材です。風邪をひきそうなときや、寒さや疲れで体の抵抗力が落ちているときにもおすすめです。

 すりおろせばふわっと、千切りにすればシャキシャキとした食感が味わえるので、調理の幅が広がります。二つの食感はくせになるおいしさですよ。

 完成したオムレツは冷凍保存ができるので、忙しい朝にカットしたものを使えば時短につながり、寒い日のキッチンも楽になりますよ。便利でおいしく、栄養価の高い「山芋のしらすオムレツ」。ぜひ作ってみてくださいね。

【材料(2人分)】

・山芋……100グラム

・卵……4個

・しらす……大さじ2

・塩……小さじ1/2

・しょうゆ……少々

【作り方】

1:山芋の皮をむいて半分は千切りに、半分はすりおろす。ボウルに卵4個を割って入れる。すりおろした山芋を加え、よく混ぜる。

2:1のボウルに、さらにしらすと千切りにした山芋、塩、しょうゆを加える。フライパンを熱し、ボウルの中身でオムレツを作れば完成。

料理研究家・越石直子

 

この記事を印刷する

PR情報