東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > とちぎごはん > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【とちぎごはん】

簡単副菜、夏バテ防止に オクラとイカのさっぱりあえ

写真

 七月ももう後半に入りますね。夏の暑さで食欲がなくなってくるのがこの時期。あっさりしたものを体が自然と欲しますよね。高い気温とともに、体にも熱がこもりがち。旬の夏野菜は体温を下げ、水分を補給してくれます。

 そんな夏の野菜の中でもオクラは夏バテ防止に最適です。冷たいものを取りすぎて弱った胃腸を整えてくれ、栄養価も高いので、疲労回復に最適なんです。鮮やかな緑、産毛がびっしりのおいしくて新鮮な栃木のオクラは今が旬。今回ご紹介するレシピはオクラとイカのさっぱりあえです。

 十分以内で調理できて、とっても簡単! 毎日の副菜として、おつまみとして重宝します。そうめんにこのさっぱりあえをのせたネバネバオクラいかそうめんもオススメです。

【材料(2人分)】

・オクラ……6〜8本

・ミョウガ……2個

・いかそうめん(いか刺し)……約50グラム

・しょうゆ……大さじ2

・酢……大さじ2

・ショウガの搾り汁……小さじ1/2

【作り方】

1:オクラのへたとがくの部分を切り取り、塩をまぶして板ずりする(板ずり=まな板の上にオクラを並べ、塩をして転がし産毛を取る)。塩をつけたまま、沸騰したお湯に2分ほど入れゆでる。

2:ミョウガを薄切りにする。オクラを小口切りにする。ボウルにしょうゆ、酢、ショウガの搾り汁を入れてから、オクラ、ミョウガ、いかそうめんを入れ、あえたら完成。

 料理研究家・越石直子

 

この記事を印刷する

PR情報