東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 東京レター > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京レター】

日本でモノづくりを 韓国の娘たちへ=アンスンヨンさん(51)

蓄電池など自社の製品を前にするABicom社の安舜〓さん=荒川区で

写真

 昨年六月、長女のチョユン(18)が韓国で、アイドルグループ「AD.E(エイディイ)」のメインボーカルとしてデビューしました。私は二〇一四年に家族と離れて来日し、バッテリーなどを扱う会社を荒川区で経営しています。

 娘二人は子どものころ、米国に留学させました。私は「キロギアッパ」でした。韓国語でキロギは渡り鳥のガン、アッパは父親の意味。子どもの教育のために妻子を海外に送り、自身は韓国で働いて仕送りする父親を指します。

 チョユンは韓国で中学二年から音楽学校に通っていました。これまで何事も「やりたければやってみなさい」と言ってきましたが、こんなに早くデビューするとは思いませんでした。ただ韓国はいまアイドルグループ乱立時代。これからは厳しいでしょう。三歳下の次女はキャビンアテンダントを目指しています。

 韓国では日本企業の関連会社で働いたり、会社を経営していました。実は来日時はお金も何もなく、日本の方に助けていただきました。日本人は思いやりがあり、信頼して長く付き合えます。モノづくりが好きなので、日本で何かの工場ができたらと思っています。

 文章構成・境田未緒、写真・安江実

 ※〓は金へんに庸

 

この記事を印刷する

PR情報