東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

夢の舞台「位置について」 新国立、現場公開

報道陣に公開された、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の建設現場=18日午前、東京都新宿区で(木口慎子撮影)

写真

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックまで二年余りとなる中、日本スポーツ振興センター(JSC)は十八日、メインスタジアムとなる新国立競技場の建設工事現場を報道陣に公開した。目玉となる国産木材を用いた屋根は、一部が完成時の建物の高さとなる地上約五十メートル地点に設置され、祭典の中心の形が見えてきた。

 JSCは来年十一月の完成後、名称を旧競技場と同じ「国立競技場」として運営する方針を明らかにした。工事の進行は現在四割程度で、JSCは「順調に進んでいる」としている。

 

この記事を印刷する

PR情報