東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

2020東京「萬斎流」で演出 4式典の総合統括就任

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、福島県のJヴィレッジで開いた理事会で両大会の開閉会式の企画、演出の体制を承認し、4つの式典の総合統括を狂言師で演出家の野村萬斎(まんさい)さん(52)が務めることになった。五輪は映画監督の山崎貴さん(54)、パラはクリエーティブディレクターの佐々木宏さん(63)が責任者となる。 

 野村さんは組織委を通じ「大変光栄で、身の引き締まる思い。機知に富んだ式典にするため尽力していく」とコメントした。3人は31日、東京都内で記者会見する。

 組織委は4つの式典の統一性を重視しており、国内外で実績があり、伝統芸能から現代演劇まで幅広い知見を持つ野村さんが全体をまとめる。五輪は映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズで知られる山崎さん、パラは多くの人気CMや16年リオデジャネイロ大会で東京への引き継ぎセレモニーを手掛けた佐々木さんが担当する。

 組織委の有識者懇談会は昨年末、3人に音楽家の椎名林檎(りんご)さんらを加えた計8人の「四式典総合プランニングチーム」を結成し、実施体制などを検討してきた。残りの5人も引き続き演出に携わり、必要に応じて専門家が加わる。最終的には主要スタッフだけで数百人規模となる見通し。

 08年北京五輪の開会式は映画監督の張芸謀(チャンイーモウ)氏が演出の総監督を、12年ロンドン五輪は映画「スラムドッグ$ミリオネア」の監督で知られるダニー・ボイル氏が芸術監督を務めた。

写真
 

この記事を印刷する

PR情報