東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

萬斎さんら式典演出で抱負 深い和の精神を発信

記者会見後、記念撮影する狂言師の野村萬斎さん(中)、映画監督の山崎貴さん(左)、クリエーティブディレクターの佐々木宏さん=31日、東京都港区で

写真

 二年後に迫った東京五輪・パラリンピック。注目を集める開閉会式の演出について、総合統括を担う狂言師の野村萬斎(まんさい)さん(52)は三十一日の記者会見で「芸術からエンターテインメントまで貪欲に網羅し、時に静まり、時に高揚する振れ幅の大きなものにしたい」と、そのイメージを語った。

 能や狂言などの伝統芸能からアニメ、ゲームまで。「雑食性や多様性」が日本文化の強みだと捉え、「表面的な日本っぽさではなく、もう一つ深いところの和の精神」を発信したいとしている。

 「伝統芸能を受け継いでいる方ですけど、同時に、ムーンウオークがすごく上手」と野村さんの意外な一面を明かしたのは、パラ担当で、二〇一六年リオデジャネイロ大会では「安倍マリオ」を手掛けた佐々木宏さん(63)。「伝統とチャーミングな部分の両方」を盛り込みたいとし、「皆さんが笑い、気持ちよく楽しめる式典にすることはわれわれに課されたもう一つのテーマ」と話した。

 近年関心が高まる映像演出について、五輪担当の山崎貴さん(54)は「映像に頼りすぎると会場の人が置いてけぼりになる。(テレビで見る人には)会場の熱気をどう伝えるかが大事」とした。

 最大の見せ場の聖火点灯は、開会式の展開に沿った「必然のあるものに」と語った野村さん。主演映画「陰陽師(おんみょうじ)」の音楽をフィギュアスケートの羽生結弦さん(23)が使ったことに絡め、「登場してもらいたい人は」と質問されると、「それは当日のお楽しみということで」と笑顔を見せた。

 

この記事を印刷する

PR情報