東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

五輪サマータイム 首相、可否検討を指示

 安倍晋三首相は七日、二〇二〇年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長らと首相官邸で会い、夏場だけ時計の針を一〜二時間進めるサマータイム(夏時間)制度の導入可否を巡る議論を自民党内で進めるよう、同席した遠藤利明会長代行に指示した。

 面会後、森、遠藤両氏が記者団に明らかにした。

 森氏によると、首相は「国民の関心は高いが、国民生活に影響する。業界にもいろいろな意見があるので、自民党内で意見聴取してほしい」と指示した。森氏はサマータイム導入の意義について、暑さ対策に加えて地球温暖化対策にもなると説明した。

 遠藤氏は同党で、東京五輪・パラリンピックの実施本部長を務める。近く岸田文雄政調会長の下で議論を始め、導入する場合は秋の臨時国会での法案提出を目指すと説明。サマータイムを「大会のソフト面でのレガシー(遺産)としたい」と話した。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は七日の記者会見で、サマータイムについて「暑さ対策の一つの提案として受け止めるが、国民の日常生活に影響が生じる。大会までの期間はあと二年と限られている」と慎重な姿勢を示した。

 

この記事を印刷する

PR情報