東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

東京五輪に顔認証技術 NEC、AIでIDカード照合

 NECは七日、二〇二〇年東京五輪・パラリンピックで、人工知能(AI)技術を使い、入場者の顔をIDカードに事前登録した顔写真と自動的に照合する認証システムを初めて導入すると発表した。四十以上の会場に設置する。選手や大会関係者約三十万人を対象とし、一般の観客は含まない。テロなど危険な行為への対策を強化し、安心、安全な大会の運営に役立てる。

 これまでの大会では、IDカードの顔写真を警備員が目視などで確認していたため、関係者の入場にかかる時間を大幅に短縮できるという。

 東京都内で開いた大会組織委員会との発表記者会見でNECの菅沼正明執行役員は「安心と安全の環境で大会の熱気と感動を守っていきたい」と強調した。

 NECの顔認証技術は海外を中心に空港などでの活用が拡大している。一六年のリオデジャネイロ五輪・パラリンピックでは、日本の報道機関が出入りする会場で試験的に利用していた。

 

この記事を印刷する

PR情報