東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

五輪暑さ対策 実証実験 歩道に散水温度測定

暑さ対策の実証実験で実施された、散水した歩道に日傘を差した場合の路面温度の測定=13日午前、東京都千代田区で

写真

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックに向けた暑さ対策の一つとして、東京都は十三日、歩道に散水して路面温度を測る実証実験を都内で実施し、報道陣に公開した。今夏の猛暑を受けた対応で、今後結果を分析し、暑さ対策として有効かを確認するという。

 実験では、歩道の端に消雪や農作業で使用する穴の開いたチューブを敷き、(1)午前四時から散水(2)午前七時から散水(3)何もしない−の三パターンの路面温度と気温を三十分おきに測定した。それぞれで日傘を差した場合の効果も調べた。

 散水した場所では、気温が三〇度を超えても路面温度は二七〜二九度だったが、何もしない場所は路面温度も三〇度を超えた。また午前四時から散水した場所では、路面温度が気温より最大約五度程度低くなった。十三日の実験の時間帯は雲が多く、都の担当者は「太陽が出ていた場合は結果が変わる可能性がある」と説明している。実験場所は、千代田区の皇居外苑を通る内堀通り沿いの歩道。車道が五輪の競歩のコースとなっており、都は歩道で観戦する観客への暑さ対策を想定している。

 

この記事を印刷する

PR情報