東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞フォーラム > フォーラム一覧 > 記事

ここから本文

【東京新聞フォーラム】

「港区歴史文化講座『秀忠・お江でたどる』」 日本の母みたいな人 鈴木 砂羽さん

写真

大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」京極龍子役 

 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」で京極龍子役を演じている女優の鈴木砂羽さんに、司会の前田和美さんが、大河ドラマのみどころなどを聞いた。

 −京極龍子さんとは、どういう役ですか。

 砂羽さん 秀吉の側室で大変な美女だったと聞いて、すごくプレッシャーだったんですが、田渕さんの脚本の龍子が、本当に表情豊かで、おっとりとした女性らしい女性に描かれていて、役づくりの幅が広がりました。龍子というキャラクターをとても愛して演じています。

 −3姉妹とすごく仲がいいですね。

 砂羽さん 龍子は3姉妹のちょっとした相談役みたいになっていて、現場でもとても仲よくさせていただいています。

 江は、浅井、豊臣、徳川の三代にわたって激動の時代を生きた女性で、信長の血を8人の子どもに引き継いだ、日本の母みたいな人です。

 −今後の見どころは?

 砂羽さん 秀吉と茶々の恋の駆け引き、向井君の秀忠と江がどんな夫婦になっていくのか。NHKホームページの「龍子の部屋」では、「江」の見どころやハイライトをどんどん紹介しますので、ぜひごらんになってください。

 すずき さわ 女優。静岡県出身。1994年「愛の新世界」の主演で映画デビュー。ブルーリボン新人賞、キネマ旬報新人賞など多くの映画賞を受賞。

 

この記事を印刷する

PR情報