東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

鳥の宝庫で巣箱作ろう 体験企画に家族連れら参加

巣箱作りをする家族連れら=安中市で

写真

 安中市松井田町横川の「県野鳥の森 小根山森林公園」が、「野鳥と自然の秘密基地! 小根山森林公園で鳥たちのお家を作ろう」と題し、無料で小鳥の巣箱作りを体験する企画を始めた。家族連れらが参加している。

 明治時代に樹種見本林として整備された公園内には、国内外の六十数種の木々があり、植林から百年超が経過して緑豊かな森が形成され、ミヤマホオジロやアオバトなどを見ることができる。季節ごとに多種の鳥類が観察できることから多くのバードウオッチャーが訪れている。

 この貴重な鳥類の宝庫を巣箱作りを通じて多くの人に知ってもらい、手作りの巣箱に鳥が巣作りする体験をしてもらおうと開催。巣箱には製作者番号を記し、営巣すれば巣箱を作った人に写真を送る。営巣の様子を観察するために公園を再訪してもらうことを期待しているという。

 巣箱作りは、公園内の研修館の内田秀雄さんらの指導で、鳥の出入り口となる直径三センチの穴を開けた、縦二十センチ、横十五センチの巣箱を組み立てる。「どんな鳥が入るのかな」と参加者は早くも、営巣に思いをはせていた。

 今後の開催は十一月十三日、二十七日、十二月十一日、十八日。参加希望者は、開催日の前日午後四時までに市観光機構に申し込む。問い合わせ、申し込みは、同機構=電027(385)6555=へ。 (樋口聡)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by